「研究・調査」の記事一覧

交通事故の原因「眠気の正体」が判明! 脳内タンパク質に睡眠障害の治療の可能が

今年5月21日、都内で軽ワゴン車を運転中に「睡眠障害の影響」から居眠り状態となり、路上で作業中の男性に6か月のケガを負わせた運送業者(60)が、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで逮捕された。 睡眠障害による事故(前掲容疑)での逮捕が全国初だったため、耳目を集め…続きを読む

交通事故の原因「眠気の正体」が判明! 脳内タンパク質に睡眠障害の治療の可能が

ハエも射精すると快感?しかもメスに振られると酒に溺れやすくなる!

親から子へ、子から孫へ。世代から世代へ、生物のゲノムに備わる種族保存本能は、なぜ生まれたのだろう? なぜオスは「射精」で性的快感を感じるのだろう? この生命存続の根幹に関わる超難問を解きほぐそうと試みた世界初の研究がある。 バル=イラン大学(イスラエル)のGalit…続きを読む

ハエも射精すると快感?しかもメスに振られると酒に溺れやすくなる!

中高年世代が財産の75%を失うと「死亡リスク」が1.5倍に! 日本の自己破産件数は年間約7万件

世界指折りの大富豪にも、夕飯にありつけない貧乏人にも、人生が修羅場なのは変わりない――。全財産を失う過酷な試練と苦悩を吹っ掛ける。寿命も健康も希望も脅かす。それが「財産ショック(negative wealth shock)」という名の修羅場らしい。 米ノースウェスタン大…続きを読む

中高年世代が財産の75%を失うと「死亡リスク」が1.5倍に! 日本の自己破産件数は年間約7万件
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆