「研究・調査」の記事一覧

下肢静脈瘤のある人はエコノミークラス症候群のリスクが5倍以上!

脚の皮膚の表面に静脈の一部が盛り上がり、かゆみや痛みを伴うこともある下肢静脈瘤は、加齢に伴い誰にでも起こり得る疾患の一つだ。 長庚記念病院(台湾)のShyue-Luen Chang氏らの研究では、下肢静脈瘤のある人が「エコノミークラス症候群」としても知られる深部静脈血栓…続きを読む

下肢静脈瘤のある人はエコノミークラス症候群のリスクが5倍以上!

世界の「がん患者の5年生存率」国ごとに格差 生存率が高い国は?

世界71カ国のがん患者約3750万人のデータを分析したところ、がん患者の生存率は世界的に上昇傾向にあるものの、この15年間の上昇率は国によって大きな格差があるとする「CONCORD-3研究」による論文が『The Lancet』1月31日オンライン版に発表された。 発表に…続きを読む

世界の「がん患者の5年生存率」国ごとに格差 生存率が高い国は?

ミレニアル世代は完璧主義? その結果、精神を病む若者も

2000年代に成人ないし「社会人になる/なった」、いわゆる「ミレニアル世代(millennial generation)」の学生たちは、一世代前の学生に比べて「完璧主義者である」割合が際立って高い――。 英バース大学のDhomas Curran氏らによる、そんな調査研究…続きを読む

ミレニアル世代は完璧主義? その結果、精神を病む若者も
脳卒中後遺症の「リハジム」のコンセプトとは?保険適応外だが富裕層のための施設ではない
インタビュー「脳卒中後遺症の機能回復・再発予防専門のジム」後編:株式会社p3代表・中村尚人(理学療法士)

前編『脳卒中の後遺症 機能回復・再発予防専門トレーニング「リハジム」とは?』

脳卒中後遺症の方のための機能回復・再発予防専門トレーニングをメインとした、まったく新しいコンセプトのジム「リハジム」がオープンした。この施設を運営する学療法士で株式会社p3の代表も務める中村尚人氏に、前回に引き続き今後の展望について話を訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

広島大学名誉教授。1941年、広島市生まれ。広島…

難波紘二

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆