「ヘルスケア」の記事一覧

「死体」を用いたライブ手術で技術を習得~“盗み取る”時代からグローバルな交流へ

「大事なのは見た目ではなく中身」「外見は内面もあらわす」――。 ミリオンセラーとなった書籍『人は見た目が9割』は、いささかオーバーかもしれないが、最初の見た目の印象がその後の評価を左右することは少なくない。 美人と不美人の「生涯賃金格差」は2700万円――。昨年、経…続きを読む

「死体」を用いたライブ手術で技術を習得~“盗み取る”時代からグローバルな交流へ

ついに「白髪」を生み出す遺伝子を発見! ゲノム編集によってブロンド髪の美女も減る!?

年齢を重ねれば、誰でも頭は白くになる。何が白髪を加速させるのか? その鍵を握る遺伝子がついに突き止められた。 2016年3月2日付けのAFP BBNewsによれば、ロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ遺伝学研究所のアンドレ・ルイス・リナレス教授とK・アディカリ教授の研…続きを読む

ついに「白髪」を生み出す遺伝子を発見! ゲノム編集によってブロンド髪の美女も減る!?

なぜ、高カロリー・高脂肪食でも“食を愉しむフランス人”はスリムなのか?

「MEC食」によるダイエットに注目が集まっている。「MEC食」とは、肉(Meet)、卵(Egg)、チーズ(Cheese)をたっぷり食べようという考え方が基本だ。これら食材の頭文字を取って「MEC食」と呼ばれている。 提唱しているのは、「こくらクリニック」(沖縄県那覇市…続きを読む

なぜ、高カロリー・高脂肪食でも“食を愉しむフランス人”はスリムなのか?
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔