「ヘルスケア」の記事一覧

脱肥満! エネルギーを消費しやすい"カラダ習慣"とは?

糖尿病、高脂血症、高血圧の原因とされている「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」。その"メタボ"を招く肥満が、心臓疾患や脳血管疾患などの重篤な病気の危険性を高める一因子であることはよく知られている。 アメリカでは、高学歴の人にジョギング愛好者が多くて肥満が少な…続きを読む

脱肥満! エネルギーを消費しやすい

ダラダラでユルユルは確かに楽だけれど...姿勢の悪さは身体の不調にもつながる!

「悪い姿勢が老けて見える」ということは、想像するに容易です。猫背姿の人を見て、若々しい印象や元気そうな印象を持つことはあまり考えられません。 イスに座ってパソコンに触れている時、車に乗っている時、電車の中で座っている時。骨盤が後傾して腰が丸まり、お腹がたるんでいませんか? …続きを読む

ダラダラでユルユルは確かに楽だけれど...姿勢の悪さは身体の不調にもつながる!

ただ早く歩いているだけではダメ! 効率的なウォーキングの方法とは?

体力づくりと健康管理を同時に手軽にできるとあって、相変わらずウオーキングが人気だ。寒い朝も黙々と一人歩きをする人、夫婦でおしゃべりしながら歩いている人、賑やかな談笑が近隣の目覚まし時計代わりになっている仲間歩きなど、歩き方もさまざまだ。 ウオーキングの魅力は、自分のペー…続きを読む

ただ早く歩いているだけではダメ! 効率的なウォーキングの方法とは?
<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫