「ヘルスケア」の記事一覧

見た目の若さが寿命に影響! 若作りが死亡リスクを下げる?

できることなら、実年齢よりも若く見られたい――。最近は"美魔女"という言葉があるくらい、年齢より若く見える人や若作りをしている人が増えている。アンチエイジングの医療や商品が花盛りなのもわかる。 老化に抗う姿が見苦しいと、世間では"若作り"と揶揄される。しかし、「年のサ…続きを読む

見た目の若さが寿命に影響! 若作りが死亡リスクを下げる?

危険な食後高血糖! 最新の測定マシーンで「隠れ糖尿病」の早期発見を

厚生労働省が実施した「国民健康・栄養調査」(平成23年度)によると、糖尿病が強く疑われる人と、その可能性が強く否定できない予備軍を加えた合計は、成人の27.1%。つまり、国民の4人に1人が糖尿病かその予備軍であることが明らかになった。まさに糖尿病は国民病だ。 糖尿病の「…続きを読む

危険な食後高血糖! 最新の測定マシーンで「隠れ糖尿病」の早期発見を

日本は世界に冠たる長寿国 だからこそ寿命の意味をきちんと考えたい

WHO(世界保健機関)の『世界保健統計』(2014年版)によれば、日本の平均寿命は約84歳だった。いまだ長寿世界一の座は不動である。最長寿の男性は111歳の百井盛さん、女性は116歳の大川ミサさん。ともに世界でも最長寿である。 毎年、厚生労働省が100歳以上の「百寿者…続きを読む

日本は世界に冠たる長寿国 だからこそ寿命の意味をきちんと考えたい
眠れなければ、あえて「寝床から出ろ!」~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>
インタビュー「ビジネスパーソンのための睡眠学」第3回 働安全衛生総合研究所・産業疫学研究グループ部長:高橋正也氏

第1回「ビジネスパーソンのための睡眠学〜『4時間でも、ぐっすり眠れば大丈夫』は都市伝説」
第2回「すべての不眠に睡眠薬が効くわけではない~寝付けなければ『睡眠日記』で原因を探れ!」
第3回「眠れなければ、あえて『寝床から出ろ!』~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>」
勤務時間もプライベートも、パフォーマンスを高く保つために欠かせないのは、なんといっても健全な睡眠である。しかし、いまの日本には、睡眠時間を確保できなかったり、うまく眠れない人があまりにも多すぎる。ビジネスパーソンが正しく睡眠を取るためにはどうすればいいのか?労働安全衛生総合研究所で睡眠を専門に研究する産業疫学研究グループ部長の高橋正也氏に聞いた。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛