「ヘルスケア」の記事一覧

美容医療は“ハイリターン型の投資”〜「若返り」と「アンチエイジング」のどちらを選ぶ?

私たちのクリニックでは、多種多様の美容医療施術をご提供しています。大きく分けると、顔の形成に関わる施術、お肌の施術、ボディ(痩身、汗・ニオイ)、毛髪など多岐にわたります。 その中でも顔の「若返り・アンチエイジング」治療は、受診される患者様の多くを占める診療項目です。シワ…続きを読む

美容医療は“ハイリターン型の投資”〜「若返り」と「アンチエイジング」のどちらを選ぶ?

社会学者・古市憲寿さんの「ハーフは劣化が早い」発言を美容医療の立場から考える

先日、社会学者・古市憲寿氏が出演したテレビ番組内で「ハーフってなんで劣化するのが早いんでしょうね」と発言したところ、ネット上で「差別発言ではないか?」と非難された騒動がありました。一緒に番組に出演していた、あるタレントさんの幼少時代の写真を見た流れでのコメントだったようです…続きを読む

社会学者・古市憲寿さんの「ハーフは劣化が早い」発言を美容医療の立場から考える

「痩せてキレイになったね」……一体、何kg減量すれば気づいてもらえるの?

あなたが「よし、ダイエットしよう!」と決心する、いちばんの動機は何だろう? 純粋に自分の健康のためだけにストイックになれる人もいるだろう。でもやはり、「見た目が美しくなりたい」、「若々しくなりたい」というモチベーションこそが、多くの人にとって、つらい食事制限や運動を頑張る原…続きを読む

「痩せてキレイになったね」……一体、何kg減量すれば気づいてもらえるの?
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔