「ヘルスケア」の記事一覧

「フェイスリフト」で若返りはアリ? 微妙な評価と危険なリスクのあいだ……

元大統領まで整形手術を受けたことを公表した韓国ほどではないが、日本でも「プチ整形」という言葉が定着し、美容外科クリニックを訪れるハードルは年々低くなっている。 二重まぶたにしたい、鼻を高くしたい、口角を上げたい、胸を大きくしたい、脱毛したい――美しさの追求の気概は男女問…続きを読む

「フェイスリフト」で若返りはアリ? 微妙な評価と危険なリスクのあいだ……

食べる時間を変えるだけでダイエット! 「食事時間制限法」がこれまでの常識を変える?

午前8時から午後2時までの間に食事をすませて、その後は水分だけで何も食べない生活をすると、ダイエット効果が現れた。こんな研究が注目されている。 これまでも「8時間ダイエット」が話題になっていた。8時間ダイエットは、1日の内8時間の間だけ食事を摂り、それ以外には何も食べず…続きを読む

食べる時間を変えるだけでダイエット! 「食事時間制限法」がこれまでの常識を変える?

村上春樹も実践する冬の有酸素運動~ランニングハイが脳に効く!習慣化には3つのポイント

年末の重い寒空を見上げると、ちょっとランニングでも……。そんな気分になりにくい。だが、少しの時間があればジョギングしてみよう。LSD(ロング・スロー・ディスタンス)がいい。 可能な限り、ちょっと長めの距離を、ゆっくりのマイペースで走ってみよう。ジョッギング中も後も体が爽…続きを読む

村上春樹も実践する冬の有酸素運動~ランニングハイが脳に効く!習慣化には3つのポイント
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇