「ヘルスケア」の記事一覧

無意識な<肥満差別>が……患者に伝わる医療従事者のネガティブな心の内

肥満は恥ずべきことである(fat shaming)――。医療従事者の側がそんな考え方を抱いて接してくる場合、それが露骨な差別意識に基づくものではないにせよ、肥満患者の「心身面の健康が損なわれる」可能性が否めない。 そんな人種も国境も性別も年齢も超えて聞き逃せない新たな知…続きを読む

無意識な<肥満差別>が……患者に伝わる医療従事者のネガティブな心の内

「家庭血圧計」は約7割に誤差!クリニックに家庭血圧計を持参し測定精度を確認しよう

世間には「高すぎ」ても「低すぎ」ても、不都合なものがある。物価、気温、目標、身長、プライド……。血糖値も血圧値も思い当たる。 とりわけ脳卒中の高リスク因子になる「血圧値」が、梅雨空や女心のようにあやふやなのは、不安この上ない。ましてや「家庭血圧計」の測定値に大きな誤差が…続きを読む

「家庭血圧計」は約7割に誤差!クリニックに家庭血圧計を持参し測定精度を確認しよう

2030年には韓国が世界一の長寿国に! 日本の最大の問題は「健康寿命」を延ばすこと

NASA(アメリカ航空宇宙局)では、2030年に人間を火星に送り込む構想がある。一方、この地球という星では、その2030年までに「世界の多くの国々で平均寿命が延びる見通し」との大規模な国際調査の結果が先月公表された。 話題の調査は英インペリアル・カレッジ・ロンドンの科学…続きを読む

2030年には韓国が世界一の長寿国に! 日本の最大の問題は「健康寿命」を延ばすこと
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆