立っているだけで10㎏減量?オフィスで「立つだけダイエット」

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフィスで「立つだけダイエット」~立っているだけで4年間で10㎏減量もの画像1

会議や打ち合わせも立ちながら行えば痩せられる!(depositphotos.com)

 メールが普及し、会議も買い物もインターネットできる現代。私たちが1日の中で「座る」時間は年々長くなってきた。しかし、ヒトにとって「座る」というライフスタイル自体が健康に悪影響を及ぼす……。

 近年、座る時間が長ければ長いほど、がんや心臓疾患、糖尿病、うつ症状等のリスクが上昇することが多くの研究で解明されてきた。しかも、たとえ毎日、運動をしていたとしても、座る時間が長ければ病気に罹るリスクはほとんど軽減しない。非常にやっかいな問題だ。

 とはいえ「健康にいい」「病気を予防する」と理屈ではわかっていても、「座りっぱなしの生活」を「立って過ごす生活」に切り替えるのは骨が折れる。目に見える効果や目的がなければ、モチベーションが続かないだろう。

 では、日々のデスクワークを立って行うだけで、知らないうちにダイエットできるとしたらどうだろうか?

 ジムに通う時間はないけど減量したいという人が、1月31日付の『European Journal of Preventive Cardiology』(オンライン版)に掲載された研究発表を知れば、「毎日あと数時間は立って過ごそう」という気持ちになるかもしれない。

論文64本から減量効果が明らかに

  

 米メイヨー・クリニックのFrancisco Lopez-Jimenez氏らの論文によれば、座って過ごす代わりに立って過ごすだけでエネルギー消費量が増加することが、46件の研究データのメタ解析で明らかになったという。

 Lopez-Jimenez氏らは今回、「座っている場合」と「立っている場合」のエネルギー消費量を比較検討した46件の研究のデータを解析した。全研究の対象者は合計1184人。平均年齢33歳で60%が男性であり、平均BMIは24、平均体重は65kgだった。

 その結果、座る代わりに立って過ごすと、エネルギー消費量が1分当たり0.15kcal増えることがわかった。たとえば、体重65kgの成人が1日6時間をスタンディングデスクでの立ち仕事にすれば、1日当たりのエネルギー消費量が54kcal増えることに相当する。これは約16分のウオーキングと同等だ。

 そしてその成人が立って過ごす時間をそのまま維持し、食事の量にも変化がなければ、1年以内に2.5kg、4年以内に10kg減量できると推定された。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫