アラフォーの悩み「たるみ顔」を解決~「フレームメイク」の極意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アラフォーの悩み「たるみ顔」が引き締まる~「フレームメイク」の極意 とは?の画像1

「目元」「眉」「唇」の3か所にフレームマジックを施せば顔全体の印象が引き締まる!(depositphotos.com)

 アラフォーの悩みに多い肌のたるみ――。

 30代前半までは小ジワ程度の悩みが、35歳を過ぎた頃から「頬がしぼんだ気がする」「ほうれい線が目立ってきたかも」「顔がでかくなった」など、たるみ現象で起こる「ぼやっとした老け顔」に、誰だって不安を感じるものです。

 近頃は「シワが出てくるのは笑顔が多くて幸せの証!」とポジティブに考える人が増えてきましたが、肌のたるみとなると問題は別。シワは進行した深いものでない限り、顔全体の印象にさほど影響しません。

 たるみが生じると顔の輪郭に直接影響するため、全体的に締まりのないぼやけた印象になってしまいます。また、ほうれい線や目の下のたるみなどは、深い溝と影を作るため、どうしてもくたびれた雰囲気に見えてしまいます。

 もちろん日頃のスキンケアを怠らない努力も必要ですが、メイクでも自然にたるみをカバーすることはできます。しかも、かなり効果的! 

 今回は、メイクでたるみ顔をグイグイ引き上げる「フレームマジック」を紹介します。

ライン重視のメイクでフレームマジック!

 輪郭がぼやけてくるアラフォーにとって、カラー重視のメイクは危険です。華やかさを出そうと色の上塗りを行うことで、より顔立ちがぼやけてしまいます。

 大切なのはパーツメイクで引き上げること。そのためには、線を描くことがないより大切です。では、どのパーツを引き締めるのか?

 ポイントは「目元」「眉」「唇」の3点です。この3か所にフレームマジックを施せば、顔全体の印象が引き締まり、誰でもマイナス7歳に見える顔の完成です。

ポイント1:目元は必ずアイラインを引きマスカラをオン

 「アイラインを引くと派手になる」と考えるアラフォー世代は少なくないようです。若い頃はラインを楽しめていたのに「最近はラインが浮いて見えるから描かない」なんて人はいませんか?

 これは絶対にNGです。特に上まぶたは、たるみが生じやすく、まぶたが被ることで20代より目が小さく見えやすいのです。これを解決するために、きちんとアイラインを引きましょう。

 アイラインが浮いて見える原因の多くは「色」です。黒のラインは、年々悪目立ちしやすいので、ブラウンやダークブラウンをチョイスしましょう。上まぶたのまつ毛とまつ毛の間を埋めるように線を描くと、フレームが引き締まってくっきりとした目元になれます。

 使用するのは、リキッドでもペンシルでもジェルタイプでもOK。自分にとって一番描きやすいタイプをチョイスしましょう。「リキッドは派手」と嫌う人がいますが、ブラウンのカラーなら、むしろリキッドは自然に引き締めてくれるのでおすすめです。アイカラーを使う人は、先にカラーを塗ってからラインを引きましょう。

 まつ毛も年齢を重ねるごとに、ハリやコシ、毛量が失われます。近頃、40代以上の女性にまつエクの需要が多いのも頷けますね。

 エクステンションも効果的ですが、自毛で勝負したいならマスカラを塗りましょう。40代の場合はロングタイプより、ほどよいボリュームタイプのほうが上品かつ華やかな印象になれます。

 このとき、まぶたのフレームに沿ってまつ毛を扇形に広げる感覚でのせていくと、しぼんだ大人の目元をパッと印象的に演出してくれます。

 また、マスカラをまつげの根元に塗るだけで、上まぶたのフレームが引き締まったように見えます。「ラインはどうしても苦手」という人でも、マスカラだけはしっかり塗りたいものです。

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛