アラフォーの悩み「たるみ顔」を解決~「フレームメイク」の極意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アラフォーの悩み「たるみ顔」が引き締まる~「フレームメイク」の極意 とは?の画像1

「目元」「眉」「唇」の3か所にフレームマジックを施せば顔全体の印象が引き締まる!(depositphotos.com)

 アラフォーの悩みに多い肌のたるみ――。

 30代前半までは小ジワ程度の悩みが、35歳を過ぎた頃から「頬がしぼんだ気がする」「ほうれい線が目立ってきたかも」「顔がでかくなった」など、たるみ現象で起こる「ぼやっとした老け顔」に、誰だって不安を感じるものです。

 近頃は「シワが出てくるのは笑顔が多くて幸せの証!」とポジティブに考える人が増えてきましたが、肌のたるみとなると問題は別。シワは進行した深いものでない限り、顔全体の印象にさほど影響しません。

 たるみが生じると顔の輪郭に直接影響するため、全体的に締まりのないぼやけた印象になってしまいます。また、ほうれい線や目の下のたるみなどは、深い溝と影を作るため、どうしてもくたびれた雰囲気に見えてしまいます。

 もちろん日頃のスキンケアを怠らない努力も必要ですが、メイクでも自然にたるみをカバーすることはできます。しかも、かなり効果的! 

 今回は、メイクでたるみ顔をグイグイ引き上げる「フレームマジック」を紹介します。

ライン重視のメイクでフレームマジック!

 輪郭がぼやけてくるアラフォーにとって、カラー重視のメイクは危険です。華やかさを出そうと色の上塗りを行うことで、より顔立ちがぼやけてしまいます。

 大切なのはパーツメイクで引き上げること。そのためには、線を描くことがないより大切です。では、どのパーツを引き締めるのか?

 ポイントは「目元」「眉」「唇」の3点です。この3か所にフレームマジックを施せば、顔全体の印象が引き締まり、誰でもマイナス7歳に見える顔の完成です。

ポイント1:目元は必ずアイラインを引きマスカラをオン

 「アイラインを引くと派手になる」と考えるアラフォー世代は少なくないようです。若い頃はラインを楽しめていたのに「最近はラインが浮いて見えるから描かない」なんて人はいませんか?

 これは絶対にNGです。特に上まぶたは、たるみが生じやすく、まぶたが被ることで20代より目が小さく見えやすいのです。これを解決するために、きちんとアイラインを引きましょう。

 アイラインが浮いて見える原因の多くは「色」です。黒のラインは、年々悪目立ちしやすいので、ブラウンやダークブラウンをチョイスしましょう。上まぶたのまつ毛とまつ毛の間を埋めるように線を描くと、フレームが引き締まってくっきりとした目元になれます。

 使用するのは、リキッドでもペンシルでもジェルタイプでもOK。自分にとって一番描きやすいタイプをチョイスしましょう。「リキッドは派手」と嫌う人がいますが、ブラウンのカラーなら、むしろリキッドは自然に引き締めてくれるのでおすすめです。アイカラーを使う人は、先にカラーを塗ってからラインを引きましょう。

 まつ毛も年齢を重ねるごとに、ハリやコシ、毛量が失われます。近頃、40代以上の女性にまつエクの需要が多いのも頷けますね。

 エクステンションも効果的ですが、自毛で勝負したいならマスカラを塗りましょう。40代の場合はロングタイプより、ほどよいボリュームタイプのほうが上品かつ華やかな印象になれます。

 このとき、まぶたのフレームに沿ってまつ毛を扇形に広げる感覚でのせていくと、しぼんだ大人の目元をパッと印象的に演出してくれます。

 また、マスカラをまつげの根元に塗るだけで、上まぶたのフレームが引き締まったように見えます。「ラインはどうしても苦手」という人でも、マスカラだけはしっかり塗りたいものです。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆