ホットヨガは普通のヨガと効果は同じ? それでも汗をかくという行為は……

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホットヨガは普通のヨガと効果は同じ? 発汗作用が高くても血管機能は改善されないの画像1

ホットヨガは通常のヨガと効果は同じ?(depositphotos.com)

 女性に大人気の習い事に「ホットヨガ」がある。一般的なヨガとの違いは、「温度・湿度が高く、汗をかきやすい環境で行う」点だ。<室温38℃、湿度65%>の場所で行うのが通常となっている。

 アメリカでは以前から人気だったが、いまや日本でも多くのホットヨガスタジオが生まれ、「汗をかくことで血行を促進し代謝もアップする」と謳っている施設は多い。

 だが最近発表された論文(参考文献参照)では、「ホットヨガは通常のヨガを比べて血管機能(血管内皮機能)の改善が高いわけではない」という報告がされた。

ホットヨガは血管機能の改善が高いわけではない

 血管内皮機能は、血管の「収縮/弛緩」など、血管の重要な機能なひとつだ。糖尿病やメタボリックシンドロームなど、さまざまな生活習慣病と関わっている。血管内皮機能を高めることは、心臓や内臓関連の病気を防ぐためにとても重要である。

 ホットヨガは、それらの機能を高めるとして期待されてきていたが、それを否定されたことになる。

 今回報告された最新知見を簡単に説明すると、健康な40〜60歳の52名を①ホットヨガ、②通常のヨガ、③何もしない」の3グループに分け、12週間(①②は週3回実施)過ごし、その前後の血管内皮機能、コレステロール値、身体状態(体重など)を測定したというものだ。

 その結果、「重エネルギーX線吸収法(DXA法)」で測定した体脂肪率は、通常②や③と比べてホットヨガのほうが低かった。

 一方、血管内皮機能は、通常のヨガでは改善したが、ホットヨガではわずかに改善の傾向が認められただけだった。当然ながら「何もしない」グループの改善は認められなかった。さらに、研究期間中の血管内皮機能の変化量を①~③で比較したところ、有意差は認められなかった。

 つまり、ヨガとホットヨガの効果はほぼ同じだ。ホットヨガのほうがたくさん汗をかくために健康に良さそうだが、「血管内皮機能」に関しては通常のヨガでも効果に変わりはないということになる。

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子