「ヘルスケア」の記事一覧

美しい「小顔」づくりのポイント~秘密はフェイスラインの「逆三角形」にあり

季節を問わず相談が絶えないメニューは「小顔整形」。よく「芸能人は顔が小さい」といわれていますね。東京で暮らし都心に勤めているせいか、私も女優さん、タレントさんを街中で見かけたことがありますが、実際に小顔の方は多い! 男性でもイケメンで人気を集めているアイドルや俳優さんな…続きを読む

美しい「小顔」づくりのポイント~秘密はフェイスラインの「逆三角形」にあり

「座り過ぎ」を挽回する方法~ウオーキング会議、スタンディング・デスク、1時間の運動……

デスクワークなどで日常的に座る時間が長いと健康を害する――。近年、そんな研究結果が相次いで報告されている。 心臓病や糖尿病、がんなどの病気を発症するリスクが高いだけでなく、寿命も短くなるというショッキングなものだ。 たとえば、45歳以上で1日に合計11時間以上座って…続きを読む

「座り過ぎ」を挽回する方法~ウオーキング会議、スタンディング・デスク、1時間の運動……

拮抗筋ストレッチ、足裏のリフレクソロジー……カラダの不調に“間接的なアプローチ”で改善

日本では「足裏マッサージ」とも称される「リフレクソロジー」(shutterstock.com) 6月14日、NHKの情報番組『あさイチ』で紹介された「拮抗筋ストレッチ」は、伸ばしたい筋肉の反対側の筋肉、つまり「拮抗している筋肉(拮抗筋)」を意識するとストレッチの効果がより…続きを読む

拮抗筋ストレッチ、足裏のリフレクソロジー……カラダの不調に“間接的なアプローチ”で改善
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆