「ヘルスケア」の記事一覧

合計286歳! ストーンズの公演にキューバ50万人が熱狂! “切れる脳”を維持するには?

高齢期を迎えても、健康な脳を維持したい――。 そう強く願うならば、今日からエレベーターの利用を控え、階段を上る労を日々いとわないほうが得策かもしれない。 そんな脳の若さに関する興味深い研究報告が。『Neurobiology of aging』(4月号)に掲載された。…続きを読む

合計286歳! ストーンズの公演にキューバ50万人が熱狂!  “切れる脳”を維持するには?

フランスではアートセラピーとして活用される「大人の塗り絵」~右脳の活性化にも有効

「大人の塗り絵」が注目されて久しいが、高齢者のレクリエーションやリタイア世代の娯楽、あるいは、手先を動かすことによる認知症予防や脳トレのようなポジションにとどまっているようだ。 一方、アートが人々の暮らしに根付いているヨーロッパ、なかでもフランスでは、塗り絵(コロリアー…続きを読む

フランスではアートセラピーとして活用される「大人の塗り絵」~右脳の活性化にも有効

急増する「電気マッサージ器」の事故! 骨折、神経・脊髄の損傷……最悪なケースは死亡事故

ストレスフルな時代を反映してか、家庭用電気マッサージ器が大人気だ。過去4年連続で出荷台数が伸び、少し前のデータだが、2013年には約195万台に到達。仕事から疲れて帰ってきた夜、電気マッサージ器で肩こりや脚のむくみをもみほぐすことを、ささやかな楽しみにしている人も多いことだ…続きを読む

急増する「電気マッサージ器」の事故! 骨折、神経・脊髄の損傷……最悪なケースは死亡事故
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆