失敗しない!40代女子のロングヘア 秘訣は昔の自分を引きずらないこと!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
注:もう失敗しない!40代のロングヘア〜秘訣は色とスタイリングにありの画像1

「奇跡の40代」のロングヘアは色とスタイリングが秘訣(depositphotos.com)

 無理な若作りをせず、でも大人になっても可愛らしさを失わない。そんな「奇跡の40代」と呼ばれる有名人が人気。代表格は石田ゆり子さん。

 カラーレスなメイク、軽やかで清潔感溢れるボブヘアなど、大人女子が失敗しがちな「手を加えています感」を一切感じさせないナチュラルさが、好感の持てる理由といえるでしょう。

 これは「奇跡の40代」と称賛される人たちに共通した特徴。永作博美さん、吉田洋さんも決して飾り過ぎず、常にスッピンが想像できるナチュラル感を守っています。

 以前、「奇跡の40代」を目指す「メイク編」についてお伝えしました。
*「奇跡の40代」の秘訣は「派手さ」より「癒し感」のナチュラルメイク http://healthpress.jp/2017/12/post-3424.html

 今回は「ヘアスタイル編」。35歳を過ぎた頃から「おばさん化」する人と「きれいを昇華」させる人の最たる違いは、ずばり「髪」です。ヘアスタイルがイタいと、一気に生活感が出てしまいます。

 その反面、<大人女子>の美髪ルールを押さえておけば、「奇跡の40代」に一歩近づくことができるはず。今回は、40代における美髪成功ポイントをまとめました。

気を配るべき<白髪カバー>大人こそサロンで染めるべし!

 アラフォーでは、まだ髪全体の5~10%未満しか白髪が生えていないケースがほとんどだと思います。でも、髪を掻き上げたときに見える内側の白髪や、トップの根元に出現した白髪は、他人の目にもしっかり映りやすく、これだけで一気に老けた印象に……。

 白髪は年齢とともに確実に増えていきます。だから、ついついホームケアでお安くカバーしたいと考えがちですが、ここは少々高くついてもサロンカラーがおすすめです。

 サロンの場合は、その人の髪の状態、白髪の生え方、ヘアスタイルなどを考慮して、多くの薬剤から選択するほか、色の入れ方も毛束を細かく分けて、できる限りダメージを軽減するテクニックを用いています。

 でも、自分で行うと基本的にはベタ塗りに……。これでは頭皮にも薬剤がついてしまうため、土壌である頭皮ダメ―ジも起こりがちになってしまいます。また、ダメージの多い毛先部分にも染料が多く入ってしまい、よりパサパサになることも。

 40歳になったらカラーはサロンで。これだけで、3年後の髪に確実に違いがでます。

明るすぎる色味はまさに「おば髪」~8トーンを守りツヤ感を

 20代の女子が好む明るめのカラーは、大人がそのまま真似してもオシャレな印象になりません。

 ハイトーンは髪色そのものに引き締める力がない分、内側にある顔、とりわけ肌の状態が目立ってしまいます。そのため、大人肌の悩みであるシワやくすみ、たるみを目立たせ、また髪のパサつきも悪目立ちしてしまいます。

 一方、いつまでも魅力的な<大人女子>は、一様に髪色が控えめだと思いませんか? 必要なのはツヤ感です。メイク編でもお伝えしましたが、リップやアイカラーより、肌の艶を仕込むことが重要。当然、髪も色より質感が大事なのです。

 日本人本来の髪色は、だいたい4トーンに分けられます。カラーをするなら、最も肌がきれいに見える8トーン程度の自然な明るさで、ブルーヴァイオレットを配合したブラウンをチョイスすると、深みとツヤが手に入ります。

 この色味は、肌に対してハレーション効果があるため、くすみ肌に透明感を演出してくれるメリットもあります。

 ブラックカラー派の場合、ダメージは目立ちにくいものの、デザインに軽やかさがないと古臭い印象に……。適度にレイヤーを入れて空気感を出すだけで、今っぽい抜け感が生まれ、大人のおしゃれを演出できます。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆