「ヘルスケア」の記事一覧

40代で「サルコペニア肥満」の恐怖! 筋肉量が減るとどうなるのか?

身体を動かす生活習慣がない人や、一日中デスクワークという人は、筋肉量が減りがちです。筋肉が少なくなり、基礎代謝が低下します。 基礎代謝とは、何もせずにじっとしていても、呼吸や体温調整など生命活動を維持するために消費されるエネルギーのこと。基礎代謝が低くければ消費するエ…続きを読む

40代で「サルコペニア肥満」の恐怖! 筋肉量が減るとどうなるのか?

医療・介護の現場でメイクやマッサージをするソシオエステティックが普及するための鍵は、患者からの声

あなたはソシオエステティックという言葉をご存知だろうか? それは、人道的・福祉的観点から精神的・肉体的・社会的な困難を抱えている方に対し、医療や福祉の知識に基づいて行う、総合的なエステティックである。ソシオエステティックの目的は「QOLの向上」であり、「美」の追求や肌機…続きを読む

医療・介護の現場でメイクやマッサージをするソシオエステティックが普及するための鍵は、患者からの声

立っている時間は「2時間以上」で「5時間未満」が健康にはベスト?

デスクワークに追われることの多い現代人。肩こり、腰痛、運動不足など、座りっぱなしのデメリットは以前から指摘されている。最新の医学研究のなかには、「座り続けること自体が人間の寿命を縮める可能性がある」ことまで示す論文が発表されるほどだ。 当サイトでも、これまで次のような…続きを読む

立っている時間は「2時間以上」で「5時間未満」が健康にはベスト?
アトピー性皮膚炎に心理療法を! 患者の話を聞くだけで完治したケースも
インタビュー「カウンセリングでアトピーを治す!」第1回:須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)

アトピー性皮膚炎は非常に厄介な病気である――。この不可解なアトピー性皮膚炎の原因として、患者やその家族の心の問題にいち早く着目し、治療に取り入れているのが須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)だ。皮膚の症状と心の問題はどのように関係するのか? 普段の生活でどのような注意をしたらいいのか? 須階医師に話を聞いた。

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘