「ヘルスケア」の記事一覧

2週間がリミット!? カラダに自信がある人ほど、運動を休むと大幅に"筋力が低下"

運動不足は、骨粗しょう症や筋力不足による転倒など、さまざまな病気を引き起こしやすくする。だが、夏場はなかなか体を動かす気になれないものだ。連日の猛暑では、熱中症のリスクも高まるため、ますます運動から遠ざかっている人も多いだろう。 しかし、運動不足は夏バテを招き、代謝低…続きを読む

2週間がリミット!? カラダに自信がある人ほど、運動を休むと大幅に

ライザップの問題は「結果"だけ"にコミット」か? フィットネスの本質は「習慣」「継続」にアリ!

いま話題の「ライザップ報道」――。その急先鋒である『週刊新潮』(6月18日号)には「2カ月で37万円 『ライザップ』の客とスタッフが危ない!」というセンセーショナルという刺激的な見出しが踊り、スタッフが過酷な労働環境に苦しみ、客が脳卒中で倒れる「重大事故」が発生したと報じら…続きを読む

ライザップの問題は「結果

"女性限定"カモミール茶で長寿? 4000年も珍重されたハーブの効果!

薬効の発見が人類の歴史まで遡る、古くから人々に利用されてきたハーブ。中でもギリシャ語で「大地のリンゴ」を意味するカモミールは、4000年以上前のバビロニアですでに使用されていた、最古の民間薬のひとつだ。 そのカモミールに、最新の研究でさらなる可能性が見いだされた。今年…続きを読む

眠れなければ、あえて「寝床から出ろ!」~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>
インタビュー「ビジネスパーソンのための睡眠学」第3回 働安全衛生総合研究所・産業疫学研究グループ部長:高橋正也氏

第1回「ビジネスパーソンのための睡眠学〜『4時間でも、ぐっすり眠れば大丈夫』は都市伝説」
第2回「すべての不眠に睡眠薬が効くわけではない~寝付けなければ『睡眠日記』で原因を探れ!」
第3回「眠れなければ、あえて『寝床から出ろ!』~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>」
勤務時間もプライベートも、パフォーマンスを高く保つために欠かせないのは、なんといっても健全な睡眠である。しかし、いまの日本には、睡眠時間を確保できなかったり、うまく眠れない人があまりにも多すぎる。ビジネスパーソンが正しく睡眠を取るためにはどうすればいいのか?労働安全衛生総合研究所で睡眠を専門に研究する産業疫学研究グループ部長の高橋正也氏に聞いた。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛