「ヘルスケア」の記事一覧

「バターコーヒー」で50kg減を達成! IT企業家が編み出したダイエット法とは

完全無欠のコーヒー(bulletproof coffee)をご存じだろうか。いま、痩せるならばワラをもつかみたいダイエッターの間で話題沸騰の「バターコーヒー」である。 発案者は、IT起業家で投資家のデイヴ・アスプリー氏。ビジネスの成功の陰で肥満と体調不良に悩んだ彼は、持…続きを読む

「バターコーヒー」で50kg減を達成! IT企業家が編み出したダイエット法とは

「死体」を用いたライブ手術で技術を習得~“盗み取る”時代からグローバルな交流へ

「大事なのは見た目ではなく中身」「外見は内面もあらわす」――。 ミリオンセラーとなった書籍『人は見た目が9割』は、いささかオーバーかもしれないが、最初の見た目の印象がその後の評価を左右することは少なくない。 美人と不美人の「生涯賃金格差」は2700万円――。昨年、経…続きを読む

「死体」を用いたライブ手術で技術を習得~“盗み取る”時代からグローバルな交流へ

近道するならクルマより自転車!? あなたの体重は“通勤スタイル”が決める

春になり、自転車通勤の姿が目につくようになってきた。気持ちよく颯爽と走る姿に、自転車通勤への憧れが高じる人もいるだろう。 中年期の体脂肪と体重を減らすには徒歩や自転車、あるいは公共交通機関を利用した通勤スタイルが有用であることが最新研究で示唆された。 英・ロンドン大…続きを読む

近道するならクルマより自転車!?  あなたの体重は“通勤スタイル”が決める
子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘