「ヘルスケア」の記事一覧

トイレで転ぶ大人、「ヤンキー座り」ができない不良~現代人を襲う<3つの低下>

「スポーツの秋」というものの、実際に運動に励む人は、どのくらいいるだろうか? ある報告では、<現代人は40年前と比べて一日の活動量が4割減っている>といわれている。 昔の人は2.5倍も運動していたわけだ。我々の活動量が減った理由のひとつに、ライフスタイルの変化が大…続きを読む

トイレで転ぶ大人、「ヤンキー座り」ができない不良~現代人を襲う<3つの低下>

肥満を招く「お好み焼き+ご飯」! W炭水化物の「主食重ね食べ」に警鐘

設問:次の4つから「ありえない組み合わせ」を選びなさい(複数回答可)。 ①パスタ+パン ②うどん+かやくご飯 ③ラーメン+チャーハン ④お好み焼き+ご飯。 元来、正解のある類いの設問ではないが、普段から「炭水化物×炭水化物」の組み合わせをNGと律している方の場…続きを読む

肥満を招く「お好み焼き+ご飯」! W炭水化物の「主食重ね食べ」に警鐘

フィットネスに“手遅れ”という文字はない! いつまでも若々しいカラダを維持するには?

ランナーの「燃料効率」は高齢になっても衰えない――。「65歳以上のランナーは、若いランナーとほぼ同じ割合で酸素を燃焼できる」という研究結果が、米フンボルト州立大学運動 学部准教授のJustus Ortega氏らによって報告された。 前回、時間がなくても効果的な運動を行う…続きを読む

フィットネスに“手遅れ”という文字はない! いつまでも若々しいカラダを維持するには?
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔