アラフォー世代の加齢臭の原因は……頭皮の臭いを消す3カ条とは?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アラフォー世代の加齢臭の原因は……頭皮に残ったシャンプーやトリートメント!?の画像1

アラフォー世代の「加齢臭」の原因は?(depositphotos.com)

 紫外線量が増え出すこの時期は、肌のケアだけでなく、頭皮のケアも怠らないことがアンチエイジングにつながります。

 頭皮は日光が直接当たるため、身体の中でもダメージの多いゾーン。頭皮が焼けると薄毛や細毛を誘発してしまうので、頭皮用の日焼け止めや日傘で防御するクセをつけたいものです。

 そしてこの時期、もうひとつ気になるのが「臭い」の問題。「頭皮の臭いが気になる」という悩みは、アラフォーから増加傾向にあります。

 「これって加齢臭?」と不安に感じる人も多いと思いますが、そもそも皮脂は年齢と共に粘性が強くなるもの。そのため、20代の頃と同じシャンプー法では、汚れがきちんと落ちきらない、という現実があるのです。

 しかし、汚れオフのポイントさえ理解すれば、臭いをきちんと消すことも可能です。「加齢臭かも……」とショックを受ける前に、まずは普段のケアを見直すことからはじめましょう。

加齢臭の原因はトリートメントの間違った使い方

 アラフォー世代は加齢臭を気にする一方で、普段のお手入れがきちんとできていない人が多いようです。子育て中の人は、幼い子どもと一緒に入浴することで、自分のことは後回しになりがち。

 シャンプーも、とにかく短時間で仕上げることが優先されてしまうのも当然です。

 さらに30代後半頃から、髪そのもののダメージが以前より増えるため、どうしてもトリートメントが中心のケアになりがち。ところが、トリートメントの間違った使い方は、加齢臭を招くこともあるのです。

 トリートメントは、傷んだ髪の修復に使用するアイテムです。毛先から中間部分に塗布するものですが、ダメージを気にする人は、根元から毛先までたっぷり塗布する傾向があります。

 すると、頭皮にもトリートメントがべったりとつき、油分過多な環境になってしまいます。

 しかも、「トリートメントはすすぎ過ぎないほうが効果的」という誤った情報をいまだに引きずる人が少なくありません。自らが、頭皮を一層ベタつかせる原因を作っているのです。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆