「ヘルスケア」の記事一覧

40代で「サルコペニア肥満」の恐怖! 筋肉量が減るとどうなるのか?

身体を動かす生活習慣がない人や、一日中デスクワークという人は、筋肉量が減りがちです。筋肉が少なくなり、基礎代謝が低下します。 基礎代謝とは、何もせずにじっとしていても、呼吸や体温調整など生命活動を維持するために消費されるエネルギーのこと。基礎代謝が低くければ消費するエ…続きを読む

40代で「サルコペニア肥満」の恐怖! 筋肉量が減るとどうなるのか?

医療・介護の現場でメイクやマッサージをするソシオエステティックが普及するための鍵は、患者からの声

あなたはソシオエステティックという言葉をご存知だろうか? それは、人道的・福祉的観点から精神的・肉体的・社会的な困難を抱えている方に対し、医療や福祉の知識に基づいて行う、総合的なエステティックである。ソシオエステティックの目的は「QOLの向上」であり、「美」の追求や肌機…続きを読む

医療・介護の現場でメイクやマッサージをするソシオエステティックが普及するための鍵は、患者からの声

立っている時間は「2時間以上」で「5時間未満」が健康にはベスト?

デスクワークに追われることの多い現代人。肩こり、腰痛、運動不足など、座りっぱなしのデメリットは以前から指摘されている。最新の医学研究のなかには、「座り続けること自体が人間の寿命を縮める可能性がある」ことまで示す論文が発表されるほどだ。 当サイトでも、これまで次のような…続きを読む

立っている時間は「2時間以上」で「5時間未満」が健康にはベスト?
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆