「ヘルスケア」の記事一覧

脳卒中やくも膜下出血は冬晴れの日に多い!? 冬の気象病、先手を打ってシャットアウト

「寒くなると古傷が痛む」「雨模様になると片頭痛がする」。気象や季節の変わり目に体調が悪くなる人は少なくない。気温や気圧、湿度など急激な変化で起こる病気が「気象病」だ。多くの人が経験しているが、あまり馴染みのない名称ではないだろうか? さらに、気象が生体に及ぼす影響を研究する「…続きを読む

脳卒中やくも膜下出血は冬晴れの日に多い!?  冬の気象病、先手を打ってシャットアウト

「アートメイク」は入れ墨とはどこが違う? 健康被害続出で無資格者摘発のケースも

汗はもちろん、顔を洗っても落ちない眉やアイライン――。この数年、女性たちの人気を集めている「アートメイク」である。 アートメイクは、針を使って顔面に色素を注入し、眉や目元などをくっきりさせるものだが、唇に施す者も少なくない。「朝のゴミ出しも素顔でOK」「風呂上がりでも眉…続きを読む

「アートメイク」は入れ墨とはどこが違う? 健康被害続出で無資格者摘発のケースも

ブロッコリーの新芽に「育毛」効果が ! 薄毛治療も養毛剤も必要なし!?

万能野菜の「新芽」には、さらなる驚きの効用が。 いつの時代にも「薄毛」に悩まされる男性は数多くいる。髪形に工夫をこらし、「七三分け」ならぬ「一九分け」にしてみたり、全体をふんわりと盛り上げてみたり、あるいは「ええいっ!」とばかり潔くスキンヘッドにしてみたり、とにかくさまざ…続きを読む

ブロッコリーの新芽に「育毛」効果が ! 薄毛治療も養毛剤も必要なし!?
子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘