連載「ヘアスタイリストが教える~アラフォーからの「美髪習慣」」第2回

ドライヤーで髪が老ける!?「冷風モード」でつくるツヤとシルエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドライヤーで髪が老ける!? 簡単に解決する「冷風モード」の活用法の画像1

ドライヤーで髪が老ける!?(depositphotos.com)

 女性なら毎日使用するのが当たり前のヘアドライヤーですが、反面「ドライヤーの熱でどんどん傷んでいる気がする……」という悩みも多いようです。

 特に年齢を重ねた髪は「細くなりやすい」ほか「白髪」が目立ちはじめるなど、見た目にも髪年齢が悪目立ちしやすいため「できる限り、髪には刺激を与えたくない」と感じるようです。

 とはいえ、自然乾燥はヘアスタイルが決まらないばかりでなく、ダメージの原因にもなるので、絶対にNG! 「じゃぁ、どうすればいいの?」と嘆く声が聞こえてきそうですが、実はドライヤーの使い方次第では、髪のエイジングケアまでできることをご存じでしょうか?

 今回は「老け髪から脱出する上手なドライヤーの使い方」について紹介します。

タオルドライ後は温風で8割程度乾かす

 濡れた髪は、髪の表面にあるキューティクルが開いているため、少しの刺激でも髪が傷ついてしまいます。すると、パサつきやごわつきの原因に……。

 これを防ぐためにも、ドライヤーで濡れた髪を乾かし、摩擦ダメージを軽減することが重要です。とはいえ、いわゆるオーバードライもダメージの原因になるので注意してください。

 ポイントは「8割程度まで乾かし、残りの1割は水分を残す」こと。このときのポイントを以下にまとめたので参考にしてください。

①髪は頭皮に近い根元側から乾かす。内側の髪は指を入れて開き、根元に向けて下から熱を当てる。

②5割ほど乾いたらシルエットを意識する。ふんわりさせたいところは根元側に指を入れ、キュッと立ち上げながら熱を加える。

③中間から毛先など、まとめたい部分は適当に指にクルクル巻きつけながら熱を当てる。

④これを全体の8割程度乾くまでの間に素早く行う。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆