連載「ヘアスタイリストが教える~アラフォーからの「美髪習慣」」第2回

ドライヤーで髪が老ける!?「冷風モード」でつくるツヤとシルエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドライヤーで髪が老ける!? 簡単に解決する「冷風モード」の活用法の画像1

ドライヤーで髪が老ける!?(depositphotos.com)

 女性なら毎日使用するのが当たり前のヘアドライヤーですが、反面「ドライヤーの熱でどんどん傷んでいる気がする……」という悩みも多いようです。

 特に年齢を重ねた髪は「細くなりやすい」ほか「白髪」が目立ちはじめるなど、見た目にも髪年齢が悪目立ちしやすいため「できる限り、髪には刺激を与えたくない」と感じるようです。

 とはいえ、自然乾燥はヘアスタイルが決まらないばかりでなく、ダメージの原因にもなるので、絶対にNG! 「じゃぁ、どうすればいいの?」と嘆く声が聞こえてきそうですが、実はドライヤーの使い方次第では、髪のエイジングケアまでできることをご存じでしょうか?

 今回は「老け髪から脱出する上手なドライヤーの使い方」について紹介します。

タオルドライ後は温風で8割程度乾かす

 濡れた髪は、髪の表面にあるキューティクルが開いているため、少しの刺激でも髪が傷ついてしまいます。すると、パサつきやごわつきの原因に……。

 これを防ぐためにも、ドライヤーで濡れた髪を乾かし、摩擦ダメージを軽減することが重要です。とはいえ、いわゆるオーバードライもダメージの原因になるので注意してください。

 ポイントは「8割程度まで乾かし、残りの1割は水分を残す」こと。このときのポイントを以下にまとめたので参考にしてください。

①髪は頭皮に近い根元側から乾かす。内側の髪は指を入れて開き、根元に向けて下から熱を当てる。

②5割ほど乾いたらシルエットを意識する。ふんわりさせたいところは根元側に指を入れ、キュッと立ち上げながら熱を加える。

③中間から毛先など、まとめたい部分は適当に指にクルクル巻きつけながら熱を当てる。

④これを全体の8割程度乾くまでの間に素早く行う。

自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣
インタビュー「訪問看護ステーション」前編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営するのは大河原峻氏に、今回は同社の設立のきっかけや展望について話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛