「ヘルスケア」の記事一覧

危険な食後高血糖! 最新の測定マシーンで「隠れ糖尿病」の早期発見を

厚生労働省が実施した「国民健康・栄養調査」(平成23年度)によると、糖尿病が強く疑われる人と、その可能性が強く否定できない予備軍を加えた合計は、成人の27.1%。つまり、国民の4人に1人が糖尿病かその予備軍であることが明らかになった。まさに糖尿病は国民病だ。 糖尿病の「…続きを読む

危険な食後高血糖! 最新の測定マシーンで「隠れ糖尿病」の早期発見を

コンビニでも美味い減塩弁当が買える!? 国立循環器病研が「かるしお認定」をスタート

日本では成人の3人に1人、高齢者の3人に2人が高血圧と診断されている。高血圧は言うまでもなく脳卒中や心臓病のリスクファクターであり、その予防と治療は今や国民的な課題。そこで大切なのが、毎食の塩分コントロールだ。 厚生労働省が推奨する日本人の1日当たりの食塩摂取量の目標値…続きを読む

コンビニでも美味い減塩弁当が買える!? 国立循環器病研が「かるしお認定」をスタート

うるおい+ナチュラルな肌、車載一体型ユニットが登場! 車内でのメイクアップに新兵器

東京郊外の某システムセンターに通勤している、あるアラフォー女性は出勤時に化粧をする。車を運転する約40分の走行中、信号待ちのたびにファンデーションを塗り、アイラインや眉を整え、勤務先の駐車場に着くときにはルージュも引き終わり"完成"。毎朝、このようにして職場に赴くのだそうだ…続きを読む

うるおい+ナチュラルな肌、車載一体型ユニットが登場! 車内でのメイクアップに新兵器
妊活で<シチュエーションを変える>も吉~不妊治療は互いの愛情の確認から始めよう
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆