シリーズ「DNA鑑定秘話」第34回

DNA鑑定秘話〜産地偽装を暴く! 中国産ウナギと称して「絶滅危惧種」のヨーロッパウナギが混入

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
682145-2.jpg

ウナギの産地偽装が問題に(shutterstock.com)

 今年の土用の丑は7月30日。猛暑の食欲増進に欠かせないウナギだが、ウナギにまつわるトピックは、いつも騒がしい――。

 世界規模の環境問題に取り組む国際環境NGOのグリーンピース・ジャパンは、2014年6月2日から9日にかけて、国内大手スーパーマーケット14社を対象に「輸入ウナギの品種の特定状況に関するアンケート」を実施。その一方で、14社で実売されていた輸入ウナギの加工商品を購入し、DNA鑑定を実施した。

 その結果、複数のウナギ商品は、DNA鑑定の結果とアンケート回答の結果が一致しなかった。つまり、14社はウナギの品種を明確に特定しないまま販売し、しかも販売されたウナギ商品はすべてヨーロッパウナギだった。

 ヨーロッパウナギは、「ワシントン条約付属書Ⅱ」に指定されている絶滅危惧種だ。「ワシントン条約付属書Ⅱ」によると、条約の締約国は、品種の管理を徹底するために、輸出入の実態をワシントン条約事務局に報告する義務がある。

 企業秘密のバリアに阻まれて、不正に関わった企業の実態は不明のままだが、グリーンピース・ジャパンのDNA鑑定によって、絶滅危惧種のヨーロッパウナギが不正に輸入され、大手スーパーマーケットの店頭で販売されていた事実は揺るがない。

 ここ数年、蒲焼きの産地や品種を自主的に開示しているスーパーも多くなった。もしかすると、あなたも、知らず知らずのうちにヨーロッパウナギの蒲焼きに舌鼓を打っていたかもしれない。

処女と童貞で結婚、一度もセックスができない<未完成婚>の原因は……
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第2回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並び、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるが女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆