日本で広まらない、赤ちゃんの「液体ミルク」~賞味期限・安全性・デメリット……何が問題?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
526997884.jpg

授乳に新たな選択肢を(shutterstock.com)

 潜在的なニーズがあるものの、日本では製造・販売されない乳児用「液体ミルク」。海外ではスーパーやドラッグストアなどで購入できる。

 菅官義偉房長官が10月17日、その解禁の検討を発表。ところが、11月14日に開かれた男女共同参画会議の専門調査会では、業界団体の日本乳業協会が「液体ミルク製品化に数年を要する」と見通しは暗い。

 液体ミルクの何が問題なのか? 液体ミルクはその名のとおり、液体状のミルク。パックやペットボトルに入っており、滅菌済みで常温保存が可能だ。粉ミルクとほぼ同じ栄養をもつ。

 液体ミルクの最大の利点は簡便性だ。哺乳瓶に移し替えたり、専用の吸い口をつけてそのまま飲ませることができる。海外では、夜間の授乳や外出時の持ち歩きなどで広く利用されている。

 国内でも近年、災害時での活用を望む声が上がっている。液体ミルクならば、粉ミルクに必要な水や燃料、哺乳瓶の消毒環境が不要だ。避難時のストレスで一時的に母乳が出なくなるリスクにも備えることができる。

 東日本大震災や熊本地震では、ボランティアの寄付によってフィンランドから液体ミルクが緊急輸入され、避難所に届けられた。

 認知されつつある液体ミルクだが、国内ではいまだに製造・販売されていない。その理由はいくつかある。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真