日本で広まらない、赤ちゃんの「液体ミルク」~賞味期限・安全性・デメリット……何が問題?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
526997884.jpg

授乳に新たな選択肢を(shutterstock.com)

 潜在的なニーズがあるものの、日本では製造・販売されない乳児用「液体ミルク」。海外ではスーパーやドラッグストアなどで購入できる。

 菅官義偉房長官が10月17日、その解禁の検討を発表。ところが、11月14日に開かれた男女共同参画会議の専門調査会では、業界団体の日本乳業協会が「液体ミルク製品化に数年を要する」と見通しは暗い。

 液体ミルクの何が問題なのか? 液体ミルクはその名のとおり、液体状のミルク。パックやペットボトルに入っており、滅菌済みで常温保存が可能だ。粉ミルクとほぼ同じ栄養をもつ。

 液体ミルクの最大の利点は簡便性だ。哺乳瓶に移し替えたり、専用の吸い口をつけてそのまま飲ませることができる。海外では、夜間の授乳や外出時の持ち歩きなどで広く利用されている。

 国内でも近年、災害時での活用を望む声が上がっている。液体ミルクならば、粉ミルクに必要な水や燃料、哺乳瓶の消毒環境が不要だ。避難時のストレスで一時的に母乳が出なくなるリスクにも備えることができる。

 東日本大震災や熊本地震では、ボランティアの寄付によってフィンランドから液体ミルクが緊急輸入され、避難所に届けられた。

 認知されつつある液体ミルクだが、国内ではいまだに製造・販売されていない。その理由はいくつかある。

年末年始の血糖コントロール~「1日3食欠かさず食べる」の思い込みは捨てよう!
インタビュー「血糖値を上手にコントロールする年末年始の過ごし方」前編:角田圭子医師(駅前つのだクリニック院長)

これから増えるのが忘年会や新年会といった宴会。糖尿病予備軍の人も、そうでない人も、血糖値と体重が気になるのではないだろうか。血糖値をコントロールしながら年末年始を楽しく過ごすコツを、糖尿病外来を中心とした内科クリニックである「駅前つのだクリニック」の角田圭子院長にそのコツを訊いた。

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫