「メタボ・糖尿病」の記事一覧

肥満の解消やメタボの予防には"ニート"を増やせ!

皆さんは、肥満の原因といえば何を想像するだろうか。「食べ過ぎ」「糖質の摂り過ぎ」などの理由が、真っ先に頭に浮かぶかもしれない。しかし、日本人のエネルギー摂取量は1975年頃の2226 kcalをピークに減少傾向にあり、2004年には1902 kcalまで低下した。これは終…続きを読む

肥満の解消やメタボの予防には

平安貴族の藤原道長も苦しんだ糖尿病......全世界の患者数は30年で13倍!!

日本が誇る世界最古の長編小説『源氏物語』。この物語の主人公「光源氏」のモデルとされているのが、平安時代中期の貴族、藤原道長だ。 摂政・太政大臣を歴任し、時の権力者となった道長の死因は、糖尿病だと考えられている。同時代の貴族、藤原実資(さねすけ)の日記に道長の病状が記され…続きを読む

平安貴族の藤原道長も苦しんだ糖尿病......全世界の患者数は30年で13倍!!

「指先にチクリ」だけ! 意外に知られていない簡易糖尿病検査を体験してみた

厚生労働省の国民健康・栄養調査によると、糖尿病が強く疑われる人やその可能性を否定できない人は全国で合計2200万人以上いると推定され、糖尿病は既に日本人の国民病といっても過言ではない状況だ。 ところが、実際に治療を受けているのはこのうちのごくわずかといわれている。血中の…続きを読む

「指先にチクリ」だけ! 意外に知られていない簡易糖尿病検査を体験してみた
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆