「メタボ・糖尿病」の記事一覧

肥満の糖尿病患者は「脳」が委縮? 同じ病気でも「体重」が症状を進行させる!

同病相憐れむ(Misery loves company.)と昔からいう――。 では、同じ持病を抱える者同士でも、「過体重」や「肥満」を伴なう人と、「適正体重」の人とでは、何が違ってくるのだろうか? その違いを「2型糖尿病」の患者で探った最新の研究報告が、4月27日付…続きを読む

肥満の糖尿病患者は「脳」が委縮? 同じ病気でも「体重」が症状を進行させる!

糖尿病の人が安全に運転するには……事前チェックで防ぐ、クルマに常備すべきモノ

糖尿病の患者は、運転中の低血糖発作で事故を起こすことがある。 大阪市中央区の御堂筋で平成26年6月、乗用車が暴走し3人が重軽傷を負った事故が発生。糖尿病に伴う低血糖症で意識が低下した状態で車を運転したとして、運転手は自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の罪に問われた。…続きを読む

糖尿病の人が安全に運転するには……事前チェックで防ぐ、クルマに常備すべきモノ

あなたも隠れた「仮面高血圧」では? 中年成人の16%が高血圧基準を満たしている

診察室では正常血圧だが、それ以外で血圧が上昇するのが「仮面高血圧」。この仮面高血圧を気付かないまま放っておくと、動脈硬化がすすみ、脳卒中や心筋梗塞を引き起こす危険性が高くなる。 この病態を検出する最良の方法は、小型のモニタリング機器を24時間装着することだとされている。…続きを読む

あなたも隠れた「仮面高血圧」では? 中年成人の16%が高血圧基準を満たしている
脳卒中の後遺症  機能回復・再発予防専門トレーニング「リハジム」とは?
インタビュー「脳卒中後遺症の機能回復・再発予防専門のジム」前編:株式会社P3代表・中村尚人(理学療法士)

脳卒中後遺症の方のための機能回復・再発予防専門トレーニングをメインとした、まったく新しいコンセプトのジム「リハジム」がオープンした。この施設を運営する学療法士で株式会社P3の代表も務める中村尚人氏に、今回はジムで行われるリハビリの内容について訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

広島大学名誉教授。1941年、広島市生まれ。広島…

難波紘二

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆