「メタボ・糖尿病」の記事一覧

ワインとビールは糖尿病の救世主?「週3~4回」の飲酒が「2型糖尿病」のリスクを3割低下

ダイエットに効果的な<糖質制限>は、糖尿病患者はもちろん、一般の人にも広く認知されてきた。その人気もあって、低糖質の食品、食材は拡大しており、その中でも特に酒類は活況を呈している。酒屋をのぞけば、発泡酒、焼酎、日本酒とさまざまな「糖質ゼロ」が販売されている。 <健康=糖…続きを読む

ワインとビールは糖尿病の救世主?「週3~4回」の飲酒が「2型糖尿病」のリスクを3割低下

メタボ患者の睡眠不足は「心臓病」や「脳卒中」による死亡リスクが約2倍!

「♪すいみん すいみん すいみん スイミン不足っ」――。これはご存じ、TVアニメ『キテレツ大百科』(原作:藤子・F・不二雄)のオープニング曲『スイミン不足』の歌詞である。 思わず「♪あの娘が私を悩ませる 私があの娘を悩ませる みんながみんなを悩ませる みんなは心を痛めて…続きを読む

メタボ患者の睡眠不足は「心臓病」や「脳卒中」による死亡リスクが約2倍!

なぜ糖質制限で太らなくなるのか? 太るのは「インスリンの追加分泌」が原因

糖質制限が「2型糖尿病」の治療において効果を発揮することはもはや明解で、その有効性は多くの人が知るところとなりました。 しかし、糖質制限が多くの人に注目されているのは、簡単に「肥満が解消できる」、つまり「痩せる」「太らない」からです。食事指導に取り入れたエステやダイエッ…続きを読む

なぜ糖質制限で太らなくなるのか? 太るのは「インスリンの追加分泌」が原因
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆