「メタボ・糖尿病」の記事一覧

ついに世界の糖尿病人口が4億1500万人に! 米国で4人に1人「自分が糖尿病」と知らない

糖尿病の初期には自覚症状がない。そのため、本人が気づかないまま病気が進行し、重症化する危険もある。次の項目に当てはまるかどうか、チェックしてほしい。□食後に強い眠気に襲われる□食事中や食後に大量の汗をかく□空腹時にイライラしやすい 上記に当てはまった人は「糖尿病…続きを読む

ついに世界の糖尿病人口が4億1500万人に! 米国で4人に1人「自分が糖尿病」と知らない

「糖質制限」では「どのぐらい食べて」いいのか?釜池式・江部式・山田式の違いを徹底解説

「糖質制限」は何人もの医師が紹介し、国内で広めていますが、それぞれに糖質制限のやり方(どのぐらい糖質摂取を抑制すればいいか)が異なります。このため、複数の意見を読んで混乱される人たちもいます。 今回は代表的な3つの糖質制限を比較してみたいと思います。釜池式断糖食、江…続きを読む

「糖質制限」では「どのぐらい食べて」いいのか?釜池式・江部式・山田式の違いを徹底解説

糖尿病の人が安全に運転するには……事前チェックで防ぐ、クルマに常備すべきモノ

糖尿病の患者は、運転中の低血糖発作で事故を起こすことがある。 大阪市中央区の御堂筋で平成26年6月、乗用車が暴走し3人が重軽傷を負った事故が発生。糖尿病に伴う低血糖症で意識が低下した状態で車を運転したとして、運転手は自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の罪に問われた。…続きを読む

糖尿病の人が安全に運転するには……事前チェックで防ぐ、クルマに常備すべきモノ
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆