「メタボ・糖尿病」の記事一覧

「肥満」と「孤独」どちらがより寿命を縮めるか?米国成人の4割が肥満

米国の肥満率がついに約40%となってきた。成人の肥満の有病率は2015~2016年には39.8%に上り、成人の4割が肥満であるとの調査結果を、米疾病対策センター(CDC)が「NCHS Data Brief」10月号に発表した。同調査では2~19歳の未成年者の18.5%が肥満…続きを読む

「肥満」と「孤独」どちらがより寿命を縮めるか?米国成人の4割が肥満

デブタレントが次々とダイエットする理由~健康でも肥満だと社会的コストが増大

「ぽっちゃりタレント」、さらに言えな「デブタレント(略して「デブタレ」)」にとって、太っていることは、仕事をする上での強力なアピールポイントであり、ある意味では芸風である――。 ところが最近大きな話題になったのは、お笑いタレントの松村邦洋さんが、約8カ月で30kgのダイ…続きを読む

デブタレントが次々とダイエットする理由~健康でも肥満だと社会的コストが増大

オンラインゲームで「2型糖尿病患者」の血糖コントロール値が改善された!

米ハーバード大学と米退役軍人省ボストン・ヘルスケアシステムのB. Price Kerfoot氏らの研究チームは、「2型糖尿病患者」が「糖尿病の自己管理について学習できるチーム対抗のオンラインゲーム」に参加すると、血糖コントロール値が長期にわたり改善する事実を確認し、『Di…続きを読む

オンラインゲームで「2型糖尿病患者」の血糖コントロール値が改善された!
処女と童貞で結婚、一度もセックスができない<未完成婚>の原因は……
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第2回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並び、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるが女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆