「メタボ・糖尿病」の記事一覧

“怠け者”を運動に駆りたてる驚きの報告~週2~3時間の運動でがん13種のリスクが低下

医師から生活習慣の改善を再三指摘されたり、運動不足を重々自覚しつつも一向にカラダを動かさない人たちがいる。 では、「定期的な運動が13種類ものがんのリスク低減に優位だ」ということを知ったら、彼らのいったい何%が腰をあげるだろうか? そんな“怠け者”を運動に駆り立てる…続きを読む

“怠け者”を運動に駆りたてる驚きの報告~週2~3時間の運動でがん13種のリスクが低下

外反母趾も巻き爪も足の構造異常。歪みを治すことで根治も可能

「足のことは何でも診る」がコンセプトの足のクリニック表参道(東京・表参道)では、外反母趾や巻き爪、たこやいぼ、魚の目、リウマチ、創傷、痛風、水虫など、多種多様な疾患を診る。 しかし、そうした多様な疾患の原因はほぼひとつ、「足の構造異常」に集約される。足の骨格の形状が悪く…続きを読む

外反母趾も巻き爪も足の構造異常。歪みを治すことで根治も可能

V6岡田准一は「砂糖依存症」だった!? 初めて明かされた〝シュガー時代〟の秘話

軍師官兵衛の好演が記憶に新しいV6・岡田准一さん(35)の口から「シュガー時代」という意外な過去が明かされたのは3月1日。共演の阿部寛さんや尾野真千子さんと一緒に登壇した映画『エヴェレスト 神々の山嶺』の舞台挨拶上でのことだった。 当日は新社会人限定の試写会で、開口一番…続きを読む

V6岡田准一は「砂糖依存症」だった!?  初めて明かされた〝シュガー時代〟の秘話
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆