「メタボ・糖尿病」の記事一覧

6割以上が経験している短期の国民病〝正月太り〟を防ぐ三大秘策とは!?

どうやら“休暇太り”に国境はないようだ。先程、米国栄養・食事療法学会(Academy of Nutrition and Dietetics)が公表したアンケート結果では「休暇中のごちそうで米国人の体重は平均0.5~1kg増加する」傾向が判明したという。 そこで同協会が…続きを読む

6割以上が経験している短期の国民病〝正月太り〟を防ぐ三大秘策とは!?

休日の「寝溜め」は危険! 糖尿病や心疾患のリスクを高めることに

働き盛りの30〜40代の過重労働が深刻化している。ひと月で100時間超、または2〜6カ月の平均で月80時間以上の時間外労働は、健康障害のリスクが高くなる。多くの会社、部署で、うつ病などを発症して長期に休んでいる人がいるのではないだろうか。この過重労働も原因のひとつかもしれな…続きを読む

休日の「寝溜め」は危険! 糖尿病や心疾患のリスクを高めることに

"歩きながら"が食べ過ぎリスクを増大させる! 意識的に食べ物を気に留めて食事を

体重に気を付けている人は、「歩きながら食べる」ことはしないほうがよい――。「歩きながら食べる」と、後の食べ過ぎにつながることを、英サリー大学健康心理学教授のJane Ogden氏らが『Journal of Health Psychology』(8月20日号)で報告した。…続きを読む

美容界で異彩を放つ「炭酸ジェルパック」とは?細胞からのアンチエイジングとケアが大切
インタビュー「炭酸美容とはなにか?」後編:メディオン美容皮膚クリニック院長・日置正人氏

前編『炭酸ケアの第一人者、褥創の治療経験から生まれた「炭酸ジェルパック」』

美容の世界でも異彩を放つっている「炭酸ジェルパック」。 皮膚科・内科の医師として長年、炭酸の医療的な研究に携わり、その研究の成果として画期的な美容素材「炭酸ジェル」を開発した日置正人医師に、その開発の過程や効果について聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆