「メタボ・糖尿病」の記事一覧

アナタのその1缶、大丈夫? 糖分入りの清涼飲料水で糖尿病の前兆に!

炭酸飲料などの糖入り飲料の肩身が、ますます狭くなりそうだ――。 すでにこれらの飲料は、肥満や糖尿病のリスクになることが知られているが、WHO(世界保健機関)は今年10月、糖分の多い飲料に対する課税、通称「ソーダ税」の各国への導入を勧告した。 米国やメキシコの一部の州…続きを読む

アナタのその1缶、大丈夫? 糖分入りの清涼飲料水で糖尿病の前兆に!

糖尿病患者を救う「携帯型の人工膵臓」! インスリンの自動投与がついに実現

Ⅰ型糖尿病は、別名「小児糖尿病」と呼ばれる。子供のときに発症するのが特徴で、膵臓でつくられるインスリンが分泌されなくなってしまう病気だ。 自己免疫疾患のひとつであり、体内にあるリンバ球がインスリンをつくるランゲルハンス細胞を攻撃してしまう。 一般的に知られている糖尿…続きを読む

糖尿病患者を救う「携帯型の人工膵臓」! インスリンの自動投与がついに実現

長生きの秘訣は「全粒穀物」をよく食べること!?~心臓や血管の病気にかかるリスクが減少

長生きしたけりゃ全粒穀物?(shutterstock.com) 近年のパンブームで多くの店で目に付くようになったのが、ずっしり重く滋味のある全粒粉のパンだ。 その人気ぶりは、これまで健康志向の強い客が買い求めているイメージだったが、最近ではその美味しさにハマった人が増え…続きを読む

長生きの秘訣は「全粒穀物」をよく食べること!?~心臓や血管の病気にかかるリスクが減少
インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第1回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

インソール(靴の中敷き)については、足のニオイ消しや靴のサイズ調整などでこれまでに使った経験がある人は多いだろう。「靴の中に入れるものはすべてインソールなのですが、目的や役割で分類できるんです」と教えてくれるのは、義肢装具士の大平吉夫さん。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。大平さんにインソールについて詳しく聞いてみた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真