>  >  > 「ほくろが多いヒトは皮膚がんになりやすい」は大嘘!?

「ほくろが多いヒトは皮膚がんになりやすい」はウソ!? セルフチェックで早期発見が大事

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
277333-2.jpg

ほくろが多い人は皮膚がんのリスクが高い!?(shutterstock.com)

 ほくろの多い人は、メラノーマ(悪性黒色腫)をはじめとする皮膚がんのリスクが高いと考えられてきた。

 しかし、このほど、メラノーマ患者の大半はほくろが少なく、異型のほくろが全くない場合も多いという研究結果が発表された(「JAMA Dermatology」オンライン版に3月2日掲載)。

メラノーマ患者には、ほくろの少ない人の方が多かった!?

 今回発表された研究では、米ハーバード大学公衆衛生学部(ボストン)のAlan Geller氏率いる研究チームが、メラノーマと診断されてから3カ月以内の患者566人に対して、全身のほくろの数(通常のほくろと異型のほくろ)、腫瘍の厚さ(進行度の指標となる)を調査した。

 その結果、対象患者の約66%はほくろの数が0~20個と少なく、約73%は、異型のほくろが全くみられなかった。しかも、60歳未満の患者については、ほくろが計50個以上ある患者は、厚さのある、つまり悪性度の高いメラノーマがみられる確率が低く、「ほくろが多いほど危険」という通説とは逆の結果が得られた。ただし、異型のほくろについては、5個以上ある人は、異型のほくろがない人に比べ、厚さのあるメラノーマのみられる確率が高かった。

 「今回の結果から、メラノーマはほくろが多い人よりも、むしろ少ない人によくみられることが示唆されるため、ほくろの数だけを基準にしてメラノーマのリスクを判断するべきではない」とGeller氏は述べている。

ほくろの有無にかかわらず、皮膚のチェックが大切

 「それでも、ほくろがメラノーマリスクの優れた指標となることに変わりはない」と、米ノースウェル・ヘルス(マンハセット)の皮膚科専門医であるKaty Burris氏は述べている。

 今回の研究結果も、ほくろの多い人は若いうちから皮膚科医の検診が推奨されていたためにがんの早期段階で診断され、一方で、ほくろの少ない人は検診を受ける機会が少なく、メラノーマが厚くなってから診断される傾向にあったことが反映されている可能性も多分にある。

 米レノックス・ヒル病院(ニューヨーク市)のDoris Day 氏は、「ほくろの多い少ないに関わらず、新たなほくろの発生や変化を日頃からセルフチェックし、定期的に皮膚科医による検査を受けることが重要だ」と述べている。

妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫