俳優・松方弘樹は「脳リンパ腫」だった〜罹患率は10万人に1人、抗がん剤治療や放射線治療で闘病

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hirokimatsukata.jpg

脳腫瘍ではなく脳リンパ腫と判明した松方弘樹さん(写真は公式ブログより)

 3月2日付けのスポニチアネックスなどの報道によると、脳腫瘍の疑いで長期療養していた俳優の松方弘樹さん(73)は、脳リンパ腫(中枢神経系リンパ腫)だったことがわかった。

 松方さんは、2月13日に体調不良を訴え、都内の病院を受診後、18日に他院で精密検査入院。MRI(核磁気共鳴画像法)による画像検査の結果、脳腫瘍の疑いがあるため長期療養に入り、25日に頭部に小さな穴を開け、内視鏡で脳細胞の一部を採取・検査する生検(定位的脳腫瘍生検術)を受けた。頭部の穴が完全にふさがれば、3月7日ごろから抗がん剤治療が始まる。

 主治医は「脳にリンパ腫ができる症例は少ない。悪性だが、他の部位からの転移ではない。抗がん剤が効けば、秋には完全に治る見込みが高い。症状によっては放射線治療を追加する可能性もある」と語っている。

 関係者によると、現在、松方さんは、右の手足にしびれが残り、顔色はあまり良くない。だが、激しい頭痛や意識混濁などの症状はなく、食欲は旺盛らしい。細菌感染を防ぐために面会謝絶だが、会話をしたり、車いすで室外への移動もできる。

 東京医科大学病院の三木保副院長(脳神経外科医)は「脳リンパ腫は脳の深部にできる悪性リンパ腫で60歳以上の男性に多い。原因不明のため、手術は困難だが、抗がん剤や放射線などの化学療法が良く効く。再発の可能性はあるが、復帰できるだろう」と説明している。

発症率2~6%、10万人に1人という稀な脳リンパ腫!

 脳腫瘍の一種である脳リンパ腫(中枢神経系リンパ腫)は、正式には中枢神経系原発悪性リンパ腫(primary central nervous system lymphoma; PCNSL)と呼ばれる。大脳の前頭葉、側頭葉、基底核、脳室周囲、脳梁のほか、リンパ腺、眼球、脊髄などに腫瘍ができる悪性の脳腫瘍だ。脳腫瘍のなかでも発症率は2~6%、10万人に1人という稀な疾患で、中高年の男性に発症しやすく、進行も早い。失語、まひ、頭痛、吐気、嘔吐などを伴うことがある。

 脳リンパ腫は、病理診断上は、ホジキンリンパ腫(B細胞由来)と非ホジキンリンパ腫(B細胞およびT/NK細胞由来) に分けられる。診断はB細胞のマーカーのCD20(L-26)や CD79a、T/NK細胞のマーカーのCD3(Leu-4)やCD56などを用いた免疫染色によって行われる。

 ホジキンリンパ腫は、リンパ節からリンパ節へ広がるため、中枢神経系から発生したり、中枢神経系へ転移したりすることは少ない。報道では、松方さんの脳リンパ腫は、転移した腫瘍でないことから、ホジキンリンパ腫と推察できる。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆