飲み過ぎ・食べ過ぎ・太り過ぎの三拍子が胃がんリスクをアップさせる!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sausage.jpg

加工肉の食べ過ぎには注意(shutterstock.com)

 質問です。①アルコールを嗜みますか? ②ハムやベーコンはお好きですか? ③最近BMI(体格指数)を意識していますか?   

 3問とも「Yes」と答えた方は、心して次の3項目をお読みください。  

 ①あなたの1日の飲酒量が3杯以上になると、胃がんリスクが上昇します。
 
 ②1日の加工肉摂取量が50g(=ホットドッグ1本、ないしはボローニャソーセージ2枚相当)増えるごとに、胃下部がんのリスクが18%上昇します。
 
 ③BMIが5増加するごとに、胃上部がんのリスクが23%上昇します。  

 つまり、これらの「飲み過ぎ」「食べ過ぎ」「太り過ぎ」が進むほど、胃がんリスク上昇の可能性は否めないという。  これは、つい先日、米国がん研究機関(AICR)および世界がん研究基金(WCRF)から発表された、かなり具体的な数値を含む報告だ。

発症を回避する道は日々の選択肢で決まる

   今回の研究では「胃がんと食事」「胃がんと身体活動」「胃がんと体重」について、現行で入手可能な広範の科学的データを用い、組み合わせて分析したという。  

 解析に際しては、成人1750万人(胃がん患者7万7000人を含む)対象の研究69報が用いられた。  

 また、前述の②と③の相違が物語るとおり、今回の研究では「食道に近い胃上部のがん」と「胃下部のがん」の2種類を分け、各リスク因子が及ぼす影響も検討された。

 結果、米国内の胃がん患者のうち約7人に1人は、リスク低減の生活次第で発症を避けられた可能性が読み取れた。  つまり、毎日の飲酒量を3杯未満に抑え、加工肉を口にせず、健康体重を意識して維持していれば「避けられたかもしれない」というのだ。

 それを数値に置き換えれば、毎年約4000例の胃がん発症(減)に相当するという。  

 AICRのAlice Bender氏によれば、「これらの関連性に強い根拠(evidence)を示した報告例は、今回のものが初めてだと自負しています。各人が、がんリスクを低減するためにできることがあり、その違いは日々の選択(積み重ね)から生まれてくるのです」

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆