飲み過ぎ・食べ過ぎ・太り過ぎの三拍子が胃がんリスクをアップさせる!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sausage.jpg

加工肉の食べ過ぎには注意(shutterstock.com)

 質問です。①アルコールを嗜みますか? ②ハムやベーコンはお好きですか? ③最近BMI(体格指数)を意識していますか?   

 3問とも「Yes」と答えた方は、心して次の3項目をお読みください。  

 ①あなたの1日の飲酒量が3杯以上になると、胃がんリスクが上昇します。
 
 ②1日の加工肉摂取量が50g(=ホットドッグ1本、ないしはボローニャソーセージ2枚相当)増えるごとに、胃下部がんのリスクが18%上昇します。
 
 ③BMIが5増加するごとに、胃上部がんのリスクが23%上昇します。  

 つまり、これらの「飲み過ぎ」「食べ過ぎ」「太り過ぎ」が進むほど、胃がんリスク上昇の可能性は否めないという。  これは、つい先日、米国がん研究機関(AICR)および世界がん研究基金(WCRF)から発表された、かなり具体的な数値を含む報告だ。

発症を回避する道は日々の選択肢で決まる

   今回の研究では「胃がんと食事」「胃がんと身体活動」「胃がんと体重」について、現行で入手可能な広範の科学的データを用い、組み合わせて分析したという。  

 解析に際しては、成人1750万人(胃がん患者7万7000人を含む)対象の研究69報が用いられた。  

 また、前述の②と③の相違が物語るとおり、今回の研究では「食道に近い胃上部のがん」と「胃下部のがん」の2種類を分け、各リスク因子が及ぼす影響も検討された。

 結果、米国内の胃がん患者のうち約7人に1人は、リスク低減の生活次第で発症を避けられた可能性が読み取れた。  つまり、毎日の飲酒量を3杯未満に抑え、加工肉を口にせず、健康体重を意識して維持していれば「避けられたかもしれない」というのだ。

 それを数値に置き換えれば、毎年約4000例の胃がん発症(減)に相当するという。  

 AICRのAlice Bender氏によれば、「これらの関連性に強い根拠(evidence)を示した報告例は、今回のものが初めてだと自負しています。各人が、がんリスクを低減するためにできることがあり、その違いは日々の選択(積み重ね)から生まれてくるのです」

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘