お酒を飲むとすぐに顔が赤くなる人は「喉や食道のがん」に注意

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お酒を飲むとすぐに顔が赤くなる人は「喉や食道のがん」に注意の画像1

少量の飲酒で顔面紅潮や頭痛などが生じるフラッシング反応(shutterstock.com)

 下戸ではないが、「すぐ顔に出ちゃうんで、最初の1~2杯程度なら」と照れ笑いを交えて盃を差し出す人がいる。遠慮でないのはわかる、その1杯目で顔がもう十分真っ赤かの茹ダコ状態なのだから……。これをフラッシング反応(Flushing reaction)と呼ぶ。

 このような飲酒による一時的な赤ら顔は病気ではない。しかし、下戸でも病気でもない相手だからといって「イケる口じゃないですか、さぁ、もう1杯、グググッと」なんて次から次へと酒を勧めるのは禁物だ。病気でない人の罹患率を高めてしまう可能性がある。

80歳までに「5人に1人(20%)」が喉や食道のがんに

 松尾恵太郎・愛知県がんセンター研究所部長らが先日、欧州の医学誌に発表した研究報告が耳目を集めている。なんでも飲酒で即、顔を赤らめる体質の人が大量飲酒を続けると、80歳までに「5人に1人(20%)」が喉や食道のがんになる公算を突き止めたという。

 松尾部長らは研究に際し、がん患者(約1300人)とがんではない人たち(約1900人)を対象に、酒の分解にかかわる遺伝子「ALDH2」の型および飲酒習慣を調べた。

 この2型アルデヒド脱水素酵素(aldehyde dehydrogenase 2 : ALDH2)は、アルコールの代謝で生ずるアセトアルデヒドを酸化する酵素であり、人それぞれの酒に強い/弱いはこの酵素の遺伝的多型(polymorphism)に大きく依存して影響されている。

 今回の分析結果によれば、下戸ではないが赤くなる遺伝子型を持つ人の場合、アルコール量にして1回46g以上(=日本酒換算で2合以上に相当)、それを5日以上摂取すると、前述のごとく、80歳までに咽頭がん食道がんになる確率が約20%に達すると判明した。

 従来からフラッシング反応を有する人のがんの可能性/危険性については報告例があるものの、その具体的確率を詳細な調査で算出した点が、今回の研究の真新しさである。

 アルデヒド脱水素酵素(ALDH)には、アルデヒドが低濃度の時に働く「ALDH2」と、高濃度にならないと働かない「ALDH1」があり、日本人の約半数は生来「ALDH2」の活性が弱いか欠けている。

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘