「がん」の記事一覧

誤診で舌を切られそうに! "第2の意見"が人生を変えた

「市民のためのがん治療の会」代表である會田昭一郎さんは、自身が患った舌がんの治療体験を基にして、2004年に同会を設立した。患者一人ひとりの最適な治療の選択をサポートするため、セカンドオピニオンの斡旋相談や、がん治療に関する普及啓発活動、医療環境整備の政策提言などを行ってい…続きを読む

誤診で舌を切られそうに!

舌がんステージ3から舌の切除を免れた…セカンドオピニオンの重要性

国民生活センターに勤めていた會田昭一郎さんは、消費者問題を長年研究してきた。2000年に舌がんの告知を受けた會田さんは、治療のために最善の努力をしようと決意。最適の治療を求めた結果、小線源による放射線治療の名手によって舌の切除を免れ、あらためて最適な治療の選択の重要性に気…続きを読む

舌がんステージ3から舌の切除を免れた…セカンドオピニオンの重要性

放射線被ばくの健康被害を過小評価するICRPのお墨付きは本当に正しいのか?

2014年12月、福島県の子ども4人が「甲状腺がんの疑いあり」と診断された。東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べる甲状腺検査によるもので、事故直後の1巡目の検査では「異常なし」とされた子どもたちだ。調査主体の福島県立医科大学は、確定診断を急ぐとともに、事故によ…続きを読む

放射線被ばくの健康被害を過小評価するICRPのお墨付きは本当に正しいのか? 
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子