山口智子さんの「産まない選択」に励まされた女性たち〜一方で卵子の凍結保存を推進する時代?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yamaguchitomoko.jpg

子供のいない人生を選択していた山口智子さん(写真は講談社のJOSEISHI.NETより)

 人気女優の山口智子さん(51)が、女性誌『FRaU(フラウ)』2016年3月号のインタビューで「子供を産んで育てる人生ではない、別の人生を望んでいました。今でも一片の後悔もないです」と告白し、大きな反響を呼んだ。

 山口さんは1995年に人気俳優の唐沢寿明さん(52)と結婚。理想のカップルとしての好感度は今も変わらない。結婚後は華やかな芸能界から離れていたことから、「妊活では?」などさまざまな憶測が流れていただけに、今回の告白は衝撃的だった。

 「産まない女はダメですか?」と問いかけた山口さんの勇気あるメッセージは、「産めない」「産まない」女性の励みにもなったようだ。

 いまでも日本では「子供を産んで一人前」という社会的風潮が根強く残っている。結婚して数年経っても子供がいない女性をつかまえて「子供まだ?」などと訊く無神経なおじさん、おばさんがその類だ。

「子供を2人以上産み育てよ」と訓示した男性校長

 山口さんの話題がさめやらぬうちに、こんな問題も起こった。大阪府の市立中学校の男性校長(61)が全校集会で「女性にとって最も大切なことは子供を2人以上産み育てること。仕事のキャリアを積むことよりも子供を産むことが大事」と訓示したのだ。

 批判を受け、教育委員会が対応に追われているが、この校長は自分の主張を譲らない。テレビのインタビューに答え「子供を産まないでどんどん人口減少が加速すれば将来、年金額は8分の1になるんですよ」と主張。

 この発言について「産む産まないの問題に他人が口をはさむことはない。しかも中学生に」、「言っていることは間違いでないかもしれないが、全校集会でいうべきことか」など社会問題となった(大阪市教育委員会は、3月28日、3月末の再任用の任期満了に伴い、校長を退職すると発表)。

 実際、今の10代に、「まず子供を早く産んでしまおう。仕事は子育てが終ってからでもできる」という良妻賢母的な生き方論は通じるだろうか? 「大人の身勝手、古い価値観」「結婚よりもしたいことがある」と答えるに決っている。誰だって「産む、産まないぐらい自由にさせてほしい」のだ。

 しかし、女性がキャリアを積んで「そろそろ産もうか」と考えたときには、「時すでに遅し」ということもある。いくら高齢出産が当たり前の時代になったとはいえ、30代半ば以降、卵子の質が下がりはじめ、30代後半には数が激減する。その危機を乗り切るための方策が卵子凍結だ。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆