女性がオーガズムに達するためには陰核と尿道口の距離、女性上位の体位が大事

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女性がオーガズムに達するためには陰核と尿道口の距離、女性上位の体位が大事の画像1

理想のポイントは「2.5㎝」(shutterstock.com)

 映画やTVドラマの濡れ場シーンでは、ほとんどの場合、つつがなくことが進んで男女ともに絶頂を迎える。

 が、現実は双方が同じように“達する“のは容易ではない。特に女性の場合、体の構造の違いで「オーガズム」に達しにくい人がいるという、新たな知見で示された。

 もちろん、官能度には個人差はあろう。だが、最大の問題は、単純な生体構造上の解剖学的な違いにあるようだ。

 それを裏付ける検証を、米インディアナ大学医学大学院のLeslie Hoffman氏が実施。注目の報告は、『Clinical Anatomy』(4月4日付・オンライン版)に掲載されて話題を呼んでいる。

 その驚きの報告によると、女性が性交時にオーガズムを得られるかどうかは、胎児期に育まれる身体の発達具合に左右されるというのだ。

陰核“高め”は摩擦を求める

 胎児の陰核(clitoris: クリトリス)は、母親の胎内にいるときに、徐々に膣口から離れて上のほうへと移動していく。

 今回の知見を論評した米国産婦人科学会(ACOG)のMaureen Whelihan氏は、こうコメントしている。

 「胎児期にクリトリスの位置が“高くなりすぎた”女性の場合は、通常の性交行為でオーガズムに達するのが難しいでしょう」

 もちろん、女性が絶頂に至るには、男性のペニスのサイズや技量、性欲求の濃淡や場の雰囲気が影響する。

 それに加えて「この身体構造における(膣口と尿道口の)距離が強い予測因子となるようだ」と、米インディアナ大学キンゼイ研究所のElisabeth Lloyd氏も認めている(=同氏は今回の研究に関与していない)。

 Lloyd氏によれば、「母親の胎内で多量の男性ホルモンに曝露するほど、陰核の移動距離は大きくなる」という事実も判明している。

 そして、Hoffman氏はより具体的に、“陰核と尿道口の距離が「2.5㎝」”であることが重要であると報告。

 この距離を基準にすると、ペニスの挿入だけでは、「3㎝以上」の女性はオーガズムを得るのが「難しい可能性が高い」と結論している。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇