女性がオーガズムに達するためには陰核と尿道口の距離、女性上位の体位が大事

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女性がオーガズムに達するためには陰核と尿道口の距離、女性上位の体位が大事の画像1

理想のポイントは「2.5㎝」(shutterstock.com)

 映画やTVドラマの濡れ場シーンでは、ほとんどの場合、つつがなくことが進んで男女ともに絶頂を迎える。

 が、現実は双方が同じように“達する“のは容易ではない。特に女性の場合、体の構造の違いで「オーガズム」に達しにくい人がいるという、新たな知見で示された。

 もちろん、官能度には個人差はあろう。だが、最大の問題は、単純な生体構造上の解剖学的な違いにあるようだ。

 それを裏付ける検証を、米インディアナ大学医学大学院のLeslie Hoffman氏が実施。注目の報告は、『Clinical Anatomy』(4月4日付・オンライン版)に掲載されて話題を呼んでいる。

 その驚きの報告によると、女性が性交時にオーガズムを得られるかどうかは、胎児期に育まれる身体の発達具合に左右されるというのだ。

陰核“高め”は摩擦を求める

 胎児の陰核(clitoris: クリトリス)は、母親の胎内にいるときに、徐々に膣口から離れて上のほうへと移動していく。

 今回の知見を論評した米国産婦人科学会(ACOG)のMaureen Whelihan氏は、こうコメントしている。

 「胎児期にクリトリスの位置が“高くなりすぎた”女性の場合は、通常の性交行為でオーガズムに達するのが難しいでしょう」

 もちろん、女性が絶頂に至るには、男性のペニスのサイズや技量、性欲求の濃淡や場の雰囲気が影響する。

 それに加えて「この身体構造における(膣口と尿道口の)距離が強い予測因子となるようだ」と、米インディアナ大学キンゼイ研究所のElisabeth Lloyd氏も認めている(=同氏は今回の研究に関与していない)。

 Lloyd氏によれば、「母親の胎内で多量の男性ホルモンに曝露するほど、陰核の移動距離は大きくなる」という事実も判明している。

 そして、Hoffman氏はより具体的に、“陰核と尿道口の距離が「2.5㎝」”であることが重要であると報告。

 この距離を基準にすると、ペニスの挿入だけでは、「3㎝以上」の女性はオーガズムを得るのが「難しい可能性が高い」と結論している。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆