シリーズ「子どもの心と体の不思議のサイエンス!」第20回

赤ちゃんはどうやって言葉を覚えるのか? 言語能力は1〜2歳頃に飛躍的に伸びる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
16389-2.jpg

ひとたび話し始めると止まらなくなる!/shutterstock

 赤ちゃんが1歳になる――。それは脳内に芽生えた言葉のエナジーが、活力をみなぎらせて一気に爆発する時期だ。

 赤ちゃんが言葉を学ぶ能力の高さやスピードは驚異的だ。お父さんやお母さんの話し言葉に耳をじっとそばだてる。その音のつながりや言い回しを掴みながら、一つ一つの単語を切り離して考える。自分を取り囲む環境にアンテナを張り巡らしつつ、見るモノ聞くモノを栄養源にして、わずかなヒントからでも言葉の意味を理解して真似ようとする。それが1歳になった頃の赤ちゃんの脳内で繰り広げられている。

 たとえば、音に対する敏感な感覚もそうだ。耳慣れない不協和音よりも、モーツァルトのピアノ曲、フルートやハープの音色、童謡など、聴き心地がいい協和音を好む。この繊細な感受性が言葉を真似る(学ぶ)基礎体力を培うことにつながっていく。

 つまり、歌詞や話し言葉の中から、音のつながり、言葉のまとまり、休止、息つぎなどをヒントにして単語を拾い出す。お母さんが「コレはクマさんよ」とモノを指し示すと、言葉とモノの関係を知る。お母さんの動作や表情から、言葉のニュアンス、使い方やルールを学んでいく。もし、お母さんが「ボールを投げるよ」と言えば、最初はボールそのものを「ボールを投げる」と覚えて呼ぶこともある。

 このように言葉を「単語単位に分ける能力」が備われば、言葉のリズムやテンポが自然に身につくようになるのだ。

ひとたび話し始めると止まらなくなる

 赤ちゃんが言葉を覚える仕組みは複雑で十分に解明されていない。だが、個人差はあるが、ひとたび話し始めると、言葉を使ってコミュニケーションする能力が培われ、言葉を「単語単位に分ける能力」が語彙を増やすので、言葉の学習スピードがたちどころに加速する。言葉の知識、発声機能、「話したい」という欲求がひとつになった時、言葉の爆発が起きる。

 1歳6カ月頃には、10個くらいの単語を覚える。「ママのめめはココ」「ママのお口はココ」などと話しかければ、言葉の理解がさらに進み、話すきっかけを広げるだろう。2歳頃には、2語以上の単語を使って「ワンワン、ネンネ」とか「パパ、バイバイ」とかを話すようになる。男の子と女の子の言葉の違いも見られるのもこの頃だ。3歳頃には、過去と現在、単数と複数の使い分けができるようになり、3語以上の単語を使えるようになる。6歳頃には、言葉の数が1万語を越えるという研究もある。機会があれば、詳しく紹介しよう。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆