妊活に影響!? 精子にはブリーフよりもトランクス? 濃さ・数・運動量に違いが……

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
精子に良いのはブリーフよりもトランクス?濃度は25%、総数は17%、運動量は33%も高いの画像1

精子に良いのはブリーフよりもトランクス?

 精子に良いのはブリーフか? それともトランクスか?

 長い間、論争の的になっていたこの問題について検討した最大規模の研究の結果が、『Human Reproduction』(8月8日付オンライン版)に発表された。

 米ハーバード大学T. H.チャン公衆衛生大学院内科准教授のJorge Chavarro氏らが実施した研究から、「ブリーフを着けている男性よりも、トランクスを着けている男性のほうが、精液中の精子の数が多く、精子濃度も高い」ことが明らかになったという。

濃度25%・総数17%・運動量33%増し!

 Chavarro氏らは今回、2000~2017年に米マサチューセッツ総合病院の不妊治療センターを受診した18~56歳の男性656人(年齢中央値35.5歳)を対象に、普段から着用している下着のタイプの違いが精巣機能に与える影響について検討した。

 対象者には、精液と血液の検体を提供してもらったほか、質問票を用いて過去3カ月間に「最もよく着用していた下着のタイプ」を尋ねた。

 その結果、対象者の53%はトランクスを、残る47%はブリーフやビキニといった身体によりフィットするタイプの下着を日常的に着用していた。

 また、トランクス派の男性では、ブリーフなどのきつめの下着を頻繁に着用している男性と比べて、精子濃度が25%高く、精子の総数は17%多く、運動精子濃度も33%高いことが分かった。

 このように、下着のタイプによって精子の数や濃度などに違いが認められた要因について、Chavarro氏はこう推測する。

 「精子形成には温度が強く影響する。きつめの下着を着用すると、睾丸と腹部の距離が縮まって温度が上がるため、睾丸で精子が形成されにくくなるのかもしれない」

 ただし、ブリーフなどのトランクス以外の下着を着用している男性でも、平均的な精子の数は正常範囲内であった。

 このことから、同氏は「この知見は不妊治療に取り組んでいる男性にとっては有用かもしれないが、ほとんどの男性には、この差はたいした問題にはならないだろう」と話している。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆