男児出産の道端アンジェリカが「完全母乳で育てたい!」で議論沸騰! 母乳育児のメリットは何?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男児出産の道端アンジェリカが「完全母乳で育てたい!」で議論沸騰! 母乳育児のメリットは何?の画像1

画像は道端アンジェリカさんのInstagramより

 8月1日~7日は世界母乳育児週間だった。母乳栄養(母乳育児)といえば、雑誌『S Cawaii!』などで活躍中のファッションモデル、道端アンジェリカさんの話題が注目されている。

 道端アンジェリカさんは、咋年12月に結婚し今年7月14日に男児を出産したばかり。8月5日付の彼女のInstagram(フォロアー:33万4900人)を見ると、母親らしい穏やかな表情で母乳を与えているショットが公開されている。

 暑いさなかの出産と、アンジェリカさんは苦労したが、母乳には赤ちゃんを病気から守る栄養素と免疫効果があるだけでなく、赤ちゃんとの繋がりをより深めてくれると話し、完全母乳を目指しているという。

 だが、インスタグラムのコメント欄ではフォロワーの様々なコメントが寄せられている。

完全母乳は、生後1カ月で51.3%、生後3カ月で54.7%

 かたや「ステキな考え方! 母乳育児頑張りたい」「完全母乳は子への愛が伝わる」「飲んでる姿が可愛い」などと手放しの絶賛が高いが、「どこにも母乳が素晴らしい、ミルクは劣るとは書いていない」「影響力のある人、メディアに出てる人の発信で傷つく人がいることを忘れないでほしい」「母乳の出が悪く、悩んでるお母さんも沢山いることを知ってほしい」「母乳を広めなくていい、誰でもできるなら母乳で育てたいはずだから」などと喧々諤々の状態だ。

 議論は議論、意見は意見だが、母乳栄養(母乳育児)の現状を直視する冷静さが必要かもしれない。

 母乳栄養(母乳育児)のデータがある(厚労省2015年度乳幼児栄養調査)。それによれば、授乳期に母乳だけで育てた母親は生後1カ月と3カ月で、ともに調査開始以来初めて5割を超えた。粉ミルクと両方を与えた母親を含むと8~9割に上り、厚労省は「母乳育児を推進する普及啓発の成果」と分析している。

 調査は1985年度から10年ごとに実施。今回は2015年9月、5月末時点で6歳未満の子供がいる世帯を対象に3871人の母親の有効回答を得た。その結果、母乳だけで育てた母親は、2015年度は生後1カ月が51.3%、生後3カ月が54.7%。前回調査(2005年)の42.4%と38.0%を上回った。一方、粉ミルクと両方で育てた母親を含むめば、生後1カ月は96.5%、生後3カ月は89.8%と高い。

 授乳についての悩みは、「母乳が足りているか分からない」が40.7%、「母乳が不足気味」が20.4%、「授乳が負担」が20.0%だった。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆