誇大広告「腟の若返り手術」に米食品医薬品局が注意喚起!深刻な腟の悩みは婦人科で相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
誇大広告「腟の若返り手術」に米食品医薬品局が注意喚起!深刻な腟の悩みは婦人科で相談の画像1

「腟の若返り手術」の誇大広告に注意喚起(depositphotos.com)

 米食品医薬品局(FDA)は7月30日、レーザー治療などの「腟の若返り術」にエビデンスはなく、熱傷(やけど)などのリスクがあるとする声明を発表した。

 「腟の若返り術」は、医療機器を使ってレーザーなどで腟の一部の組織を切除し、形を整える施術だ。更年期の症状、尿失禁、性機能の改善などの効果が宣伝され、普及している。

 FDAが有害事象に関する報告書や文献を調べたところ、「腟の若返り術」によって腟に熱傷を負った症例、傷跡ができた症例のほか、術後の性交痛、腟の慢性的な痛みや痛みの再発などの有害事象が発覚した。

 FDA長官のScott Gottlieb氏は「FDAは、子宮頸部や腟に前がん病変などの異常な組織がある場合や、生殖器の疣贅(いぼ)の治療が必要な場合は、レーザーを利用した医療機器の使用を承認している。だが、腟の若返り術や、乳がん治療後の女性に対する施術に対しては、医療機器の安全性と有効性を確認していない。腟の若返り術は、極めて深刻なリスクがある」と強く警告している。

 最近、FDAは「腟の若返り術」に使用する機器販売会社7社が行っている不適切な市場調査を警告する通知を出した。30日以内に通知に対処しなければ、強制措置を辞さない考えだ。

 Gottlieb氏は「消費者をだます施術の市場調査は悪質だ。施術を受けた女性が負傷したり、治療の効果が期待できる重症患者から治療の機会を奪う恐れもある。すべての女性は、治療選択肢のベネフィットとリスクについて医師と話し合うべきだ」と強調している。

 FDAは、今後も「腟の若返り術」による問題を注意深く監視し、国民に情報提供を続ける方針だ。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆