ついに「男性用ピル」開発・解禁か? 1日1回で精子形成に必要なホルモン濃度低下

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ついに「男性用ピル」が開発・解禁か?1日1回の使用で精子の形成に必要なホルモンの濃度を低下させるの画像1

ついに「男性用ピル」が開発・解禁か?(depositphotos.com)

 「春眠暁を覚えず」の朝ぼらけに「寝耳に水」のビッグニュースが飛び込んできた。

 米ワシントン大学のStephanie Page氏らの研究チームは、「男性用の経口避妊薬(ピル)が精子の形成に必要なホルモンの濃度を低下させる」とする臨床試験の成果を、2018年3月17~20日にシカゴで開かれた米国内分泌学会(ENDO)で発表した。

 この「男性用ピル」は、ジメタンドロロン・ウンデカン酸(DMAU)と呼ばれ、男性ホルモンのテストステロンとプロゲスチンを組み合わせたホルモン製剤だ。DMAUは、薬剤の排泄を抑える長鎖脂肪酸のウンデカン酸を含むため、体内に止まる半減期が長く、薬効が持続するので、1日1回の使用だけで済むメリットがある。

 一方、現在使用可能なテストステロンのピルは、薬剤の排泄にかかる時間が短く、1日2回使用する必要があるため、肝炎を発症リスクが高い。

避妊法の選択肢が広がるかも?

 発表によれば、今回の臨床試験は18~50歳の健康な男性100人を対象に、DMAU(粉末カプセルまたはヒマシ油カプセルのいずれか、用量は100mg、200mg、400mgのいずれか)を使用する群と、それぞれのプラセボを使用する群にランダムに振り分けた。DMAU群またはプラセボ群は、1日1回、28日間にわたって使用した。

 その結果、DMAU400mg群は、プラセボ群と比べてテストステロンと精子の形成に必要な2種類の性腺刺激ホルモン(LHおよびFSH)の産生が有意に抑制され、テストステロン欠乏による合併症は起きなかった。だが、DMAU群は、用量にかかわらず約1~4kgの体重増加と、「善玉コレステロール」のHDL-コレステロール値の低下が認められた。

 Page氏は「男性用ピルの開発につながる前進だ。より大規模かつ長期の臨床試験を実施し、副作用の有無を検証しなければならない。また、DMAUの長期使用による精子の産生量の抑制効果も、3~6カ月間の臨床試験で確認する必要がある」と強調している。

 現在、男性の避妊法はコンドームの使用とパイプカットだけだ。だが、今回の研究成果によって、避妊法の選択肢が広がるかもしれない。つまり、DMAUがもたらすイノベーションは大きい。「生殖能力をコントロールしたい」「妻や恋人と避妊の負担を共有したい」「副作用を少なく、安全に避妊したい」。そう願う男性たちに大いなる希望と期待を抱かせるポテンシャリティがあるからだ。

脳卒中後遺症の「リハジム」のコンセプトとは?保険適応外だが富裕層のための施設ではない
インタビュー「脳卒中後遺症の機能回復・再発予防専門のジム」後編:株式会社P3代表・中村尚人(理学療法士)

前編『脳卒中の後遺症 機能回復・再発予防専門トレーニング「リハジム」とは?』

脳卒中後遺症の方のための機能回復・再発予防専門トレーニングをメインとした、まったく新しいコンセプトのジム「リハジム」がオープンした。この施設を運営する学療法士で株式会社p3の代表も務める中村尚人氏に、前回に引き続き今後の展望について話を訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

広島大学名誉教授。1941年、広島市生まれ。広島…

難波紘二

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆