「薬」の記事一覧

最悪は死に至ることも! "麻薬成分"フェンシクリジン(PCP)を含む危険ドラッグの恐怖

最近の危険ドラッグには、各種の麻薬成分が含まれていることが数多く認められるようになった。それに伴い、危険ドラッグ中毒患者の重症化、時には死に至るケースも報告されている。また、常用することで依存症に陥ることも問題視されており、長期間の精神科的治療やケアを要する症例も増加してい…続きを読む

最悪は死に至ることも!

夏バテは大きく分けて2つのタイプ それぞれ最も効果的な対処法とは?

気象庁は7月23日、1カ月予報を発表しました。東日本は、8月前半まで猛暑!特に太平洋側は、晴れの日が多く降水量も少ない見込みとのこと。北日本・西日本も平年並みか高いとの予想されています。6月までは冷夏の予想でしたから、見事に外れた格好です。こう毎日暑いと、やはり心配になるの…続きを読む

夏バテは大きく分けて2つのタイプ それぞれ最も効果的な対処法とは?

暑さが毛穴の数を1.5倍、皮脂を2倍に! 肌の「冷温コントロール」がメイク崩れを防ぐ

気象庁の発表によると、5月の平均気温は全国154の観測地点のうち63地点で、観測史上最高になった。5月31日は、東京都心の最高気温が32度2分まで上昇。5月としては過去140年間で最も高い気温になった。夏本番を前に6月も平年よりも暑くなる見込みで、気象庁の予報では今夏も広い…続きを読む

暑さが毛穴の数を1.5倍、皮脂を2倍に! 肌の「冷温コントロール」がメイク崩れを防ぐ
<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫