メキシコ土産のマグカップで「鉛中毒」に! 釉薬やアンティーク玩具などに含まれる「鉛」の恐怖

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
448401724.jpg

メキシコ土産のマグカップの釉薬に危険な「鉛」が!(shutterstock.com)

 他人への土産選びはセンスが問われるので、食べものが無難だ。逆に自分用の土産ならば、末永く愛着を感じそうな食器なんかをゆっくりと選びたいもの。

 しかし、その愛用品を通して長年、口から「毒」を摂取していたとしたら……。

食器の釉薬に17%もの鉛が!

 そんな悲劇に見舞われたのは、55歳のカナダ人女性。彼女はメキシコ旅行を満喫した際、お気に入りの伝統的陶磁器を地元で購入して持ち帰った。すっかり愛着を覚えた女性は、そのマグを頻繁に使い、お湯を注いではお茶を愉しんでいたようだ。

 ところが、件のメキシコ製マグを長期間使い続けてきたある日のこと、彼女は筆舌につくしがたいほど重度の腹痛に襲われた。しかも一度ならず何度か入院を繰り返し、腹痛に加えて貧血や関節痛ばかりか、極度の疲労を抱えるにおよんで「ある疑惑」に思い当たった。

 そう、激しい腹痛や数々の不調原因をもたらす<真犯人>は、長年愛用してきた陶磁器なのでは!?

 検査の結果、恐ろしい事実が判明した。なんと、彼女が日々口で触れてきた食器の内側と外側、その両方の釉薬(うわぐすり)に17%もの「鉛」が含まれていたのだ。

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛