メキシコ土産のマグカップで「鉛中毒」に! 釉薬やアンティーク玩具などに含まれる「鉛」の恐怖

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
448401724.jpg

メキシコ土産のマグカップの釉薬に危険な「鉛」が!(shutterstock.com)

 他人への土産選びはセンスが問われるので、食べものが無難だ。逆に自分用の土産ならば、末永く愛着を感じそうな食器なんかをゆっくりと選びたいもの。

 しかし、その愛用品を通して長年、口から「毒」を摂取していたとしたら……。

食器の釉薬に17%もの鉛が!

 そんな悲劇に見舞われたのは、55歳のカナダ人女性。彼女はメキシコ旅行を満喫した際、お気に入りの伝統的陶磁器を地元で購入して持ち帰った。すっかり愛着を覚えた女性は、そのマグを頻繁に使い、お湯を注いではお茶を愉しんでいたようだ。

 ところが、件のメキシコ製マグを長期間使い続けてきたある日のこと、彼女は筆舌につくしがたいほど重度の腹痛に襲われた。しかも一度ならず何度か入院を繰り返し、腹痛に加えて貧血や関節痛ばかりか、極度の疲労を抱えるにおよんで「ある疑惑」に思い当たった。

 そう、激しい腹痛や数々の不調原因をもたらす<真犯人>は、長年愛用してきた陶磁器なのでは!?

 検査の結果、恐ろしい事実が判明した。なんと、彼女が日々口で触れてきた食器の内側と外側、その両方の釉薬(うわぐすり)に17%もの「鉛」が含まれていたのだ。

<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘