メキシコ土産のマグカップで「鉛中毒」に! 釉薬やアンティーク玩具などに含まれる「鉛」の恐怖

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
448401724.jpg

メキシコ土産のマグカップの釉薬に危険な「鉛」が!(shutterstock.com)

 他人への土産選びはセンスが問われるので、食べものが無難だ。逆に自分用の土産ならば、末永く愛着を感じそうな食器なんかをゆっくりと選びたいもの。

 しかし、その愛用品を通して長年、口から「毒」を摂取していたとしたら……。

食器の釉薬に17%もの鉛が!

 そんな悲劇に見舞われたのは、55歳のカナダ人女性。彼女はメキシコ旅行を満喫した際、お気に入りの伝統的陶磁器を地元で購入して持ち帰った。すっかり愛着を覚えた女性は、そのマグを頻繁に使い、お湯を注いではお茶を愉しんでいたようだ。

 ところが、件のメキシコ製マグを長期間使い続けてきたある日のこと、彼女は筆舌につくしがたいほど重度の腹痛に襲われた。しかも一度ならず何度か入院を繰り返し、腹痛に加えて貧血や関節痛ばかりか、極度の疲労を抱えるにおよんで「ある疑惑」に思い当たった。

 そう、激しい腹痛や数々の不調原因をもたらす<真犯人>は、長年愛用してきた陶磁器なのでは!?

 検査の結果、恐ろしい事実が判明した。なんと、彼女が日々口で触れてきた食器の内側と外側、その両方の釉薬(うわぐすり)に17%もの「鉛」が含まれていたのだ。

年末年始の血糖コントロール~「1日3食欠かさず食べる」の思い込みは捨てよう!
インタビュー「血糖値を上手にコントロールする年末年始の過ごし方」前編:角田圭子医師(駅前つのだクリニック院長)

これから増えるのが忘年会や新年会といった宴会。糖尿病予備軍の人も、そうでない人も、血糖値と体重が気になるのではないだろうか。血糖値をコントロールしながら年末年始を楽しく過ごすコツを、糖尿病外来を中心とした内科クリニックである「駅前つのだクリニック」の角田圭子院長にそのコツを訊いた。

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫