「薬」の記事一覧

ついにトランプ大統領が緊急事態を宣言! 米国で「オピオイド」鎮痛薬の中毒死が急増

国家的な不名誉――ドナルド・トランプ米大統領は10月26日、鎮痛剤の乱用による薬物中毒の拡大をこう呼び、公衆衛生の緊急事態を宣言した。米国では「オピオイド」と呼ばれる鎮痛剤の中毒で、毎日140人が死亡しているという。 トランプ大統領は、「1日に薬物の過剰摂取で死ぬ人数の…続きを読む

ついにトランプ大統領が緊急事態を宣言! 米国で「オピオイド」鎮痛薬の中毒死が急増

乗り物酔い防止の市販薬「トラベルミン」を大量服用しての自殺未遂!

私が経験した、乗り物酔いを防ぐための市販薬「トラベルミン」(エーザイ)を大量服用して、自殺企図した若年患者例について紹介したい。 20歳代女性、会社員、精神科の通院歴なし。自分自身で薬店よりトラベルミンを購入し、60錠服用した。1時間後より頭痛、嘔気、めまい、耳鳴、気…続きを読む

乗り物酔い防止の市販薬「トラベルミン」を大量服用しての自殺未遂!

本当に「キンカン」は、「虫刺され」にも「肩こり・腰痛」にも効果のある<万能薬>なのか?

昔から変わらぬ「キンカン塗って、また塗って」のフレーズで知られる、90年以上もの歴史がある金冠堂の主力商品「キンカン」ですが、「その効果って実際どうなの?」と疑問に思ったことはありませんか? キャップを開けた瞬間、ツーンと鼻に突き刺さるような臭いがキンカンの特徴ですが…続きを読む

本当に「キンカン」は、「虫刺され」にも「肩こり・腰痛」にも効果のある<万能薬>なのか?
トップアスリートは実はインソールを愛用していた!パフォーマンス向上に貢献
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第3回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」
第2回「外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆