「薬」の記事一覧

なぜマリファナ(大麻)常用者は非使用者よりも「セックスの頻度が20%も高い」のか?

米スタンフォード大学泌尿器科学のMichael Eisenberg氏らの研究チームは、米国の男女5万人以上のデータを分析したところ、Pothead(マリファナ常用者)は、非使用者よりも性交の頻度が有意に高く、マリファナを常用しても性機能は損なわれないとする研究成果を『Jou…続きを読む

なぜマリファナ(大麻)常用者は非使用者よりも「セックスの頻度が20%も高い」のか?

虫刺され薬の「ムヒS」と「液体ムヒS」には大きな違いが!ステロイド剤との正しい付き合い方とは?

夏に最も家庭で大活躍した薬、それは虫刺され薬ではなかったでしょうか? 虫に刺された時の薬といえば、誰もが初めに頭によぎるのは「ムヒ(muhi)」(池田模範堂)だと思います。 突然ですが、「ムヒS」と「液体ムヒS」の違いってご存知でしょうか? 「そんなの知ってる」とい…続きを読む

虫刺され薬の「ムヒS」と「液体ムヒS」には大きな違いが!ステロイド剤との正しい付き合い方とは?

子宮頸がんワクチン報道でわかる<メディアの愚> 欠如する「公共の福祉」の観点

日本のメディアに欠ける科学的素養について、子宮頸がんワクチンをテーマに述べたい。8月26日付けの毎日新聞が「 子宮頸がんワクチン ウイルス感染に9倍の差 再開求める」との日本産科婦人科学会の声明を報道した。一方、NHKは「子宮頸がんワクチン訴訟 原告代表『被害認めて』」と副…続きを読む

子宮頸がんワクチン報道でわかる<メディアの愚> 欠如する「公共の福祉」の観点
脳卒中後遺症の「リハジム」のコンセプトとは?保険適応外だが富裕層のための施設ではない
インタビュー「脳卒中後遺症の機能回復・再発予防専門のジム」後編:株式会社p3代表・中村尚人(理学療法士)

前編『脳卒中の後遺症 機能回復・再発予防専門トレーニング「リハジム」とは?』

脳卒中後遺症の方のための機能回復・再発予防専門トレーニングをメインとした、まったく新しいコンセプトのジム「リハジム」がオープンした。この施設を運営する学療法士で株式会社p3の代表も務める中村尚人氏に、前回に引き続き今後の展望について話を訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

広島大学名誉教授。1941年、広島市生まれ。広島…

難波紘二

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆