「薬」の記事一覧

市販薬の「ロキソニンS」も「オロナインH軟膏」も重大な副作用が!

人生、思い通りに行かないものだが、思い通りに行くように変えるのも人生。立ち位置やものの見方を変えれば、行動が変わる。この情報を知ってそう感じた。どんなデータだろう? 医師を対象に「日本の医療に貢献した薬」の薬効や成分の評価を聞いたインターネット調査がある(日経メディカル…続きを読む

市販薬の「ロキソニンS」も「オロナインH軟膏」も重大な副作用が!

国民健康保険が「未病」を招く? 漢方医学・丁 宗鐵医師に訊く、病気を防ぐ養生術

「江戸時代の人たちの健康法を調べていると、今よりも優れていると思う点がたくさんあります。その本質を一言で説明すると『未病のうちに体調を整える』という考え方に集約される」 不健康な生活を送る現代人こそ、あらためて学ぶ必要がある考え方だと力説するのは、日本薬科大学教授で、日…続きを読む

国民健康保険が「未病」を招く? 漢方医学・丁 宗鐵医師に訊く、病気を防ぐ養生術

睡眠薬を使った事件が多発!医療従事者が関わった保険金殺人も

前回の(参考:睡眠薬や危険ドラッグなどの「デートレイプドラッグ」による性犯罪に注意を!)で、睡眠薬を酒などに混入させて性犯罪を企てる「デートレイプドラッグ」について解説した。さらに恐ろしいことに、睡眠薬を被害者に飲ませて、強盗、殺人を引き起こす事件が最近後を絶たない。今回は…続きを読む

睡眠薬を使った事件が多発!医療従事者が関わった保険金殺人も
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子