「薬」の記事一覧

高樹沙耶に先見の明!? 日本も大麻解禁か~先進9カ国はすでに「医療大麻」を認可

元・女優の高樹沙耶(本名・益戸育江)被告が、1月28日深夜、自身のツイッターを更新し、大麻取締法違反(所持)で逮捕・起訴された件について謝罪を表明した。 彼女は以前から、医療大麻の解禁を訴えている。思うところはあるのだろうが、「裁判が終わるまでは言動を控えさせていただき…続きを読む

高樹沙耶に先見の明!? 日本も大麻解禁か~先進9カ国はすでに「医療大麻」を認可

「牛乳と便秘薬」「コーラと鎮痛剤」「アボカドと抗うつ薬」はNG!「薬」との危険な飲み合わせ

寒さが厳しくなり、風邪やインフルエンザ、ウイルス性の胃腸炎にも注意を払いたいこの季節。病院で薬を処方してもらったり、受診するまではなくとも念のために市販薬に手が伸びたりする人も増えてくるだろう。 市販薬か処方薬かを問わず、私たちが薬を飲むときは大抵、「いつ飲むか」「どれ…続きを読む

「牛乳と便秘薬」「コーラと鎮痛剤」「アボカドと抗うつ薬」はNG!「薬」との危険な飲み合わせ

薬物依存で<人里離れた施設に隔離>は古い?~街中でも治療可能な「SMARPP=スマープ」

11月18日、歌手で女優の酒井法子の元夫・高相祐一容疑者が危険ドラッグの所持で逮捕された。2009年に覚せい剤取締法違反で懲役2年執行猶予4年の判決、2012年に危険ドラッグの所持で逮捕(嫌疑不十分で不起訴処分)と再犯の常習者だ。 ASKAや清原和博、高知東生、高樹沙耶…続きを読む

薬物依存で<人里離れた施設に隔離>は古い?~街中でも治療可能な「SMARPP=スマープ」
「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは? 
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」前編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。京野アートクリニック高輪の院長である京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真