「薬」の記事一覧

重大な副作用を防ぐ薬処方の「禁忌」と「原則禁忌」! 医師も意識が薄れ曖昧に?

医薬品に関する「禁忌」という言葉は、医薬品の添付文書に記載されている用語だ。添付文書とは、簡単にいえば医薬品に関する医療従事者向けの取扱説明書のようなもので、そのほぼ冒頭部分に記載されているのが「禁忌」という項目だ。 医薬品の場合、時として死に至る、あるいは発症したらか…続きを読む

重大な副作用を防ぐ薬処方の「禁忌」と「原則禁忌」! 医師も意識が薄れ曖昧に?

薬が効かない「スーパー耐性菌」が爆発的に増加!原因はインドでの抗生物質の乱用?

病院で医師が処方してくれる抗生物質。下痢や発熱、炎症などさまざまな症状で使われ、一度もお世話になったことがない人はほぼいないだろう。世界初の抗生物質「ペニシリン」が発明されたのは1928年。感染症で亡くなる人は激減し、人類を救った抗生物質は「20世紀最大の発明の一つ」と称さ…続きを読む

薬が効かない「スーパー耐性菌」が爆発的に増加!原因はインドでの抗生物質の乱用?

大腸がん闘病記 外科医が「がん」になり初めて「切られる側」の心境を知る

『病みながら老いる時代を生きる』(吉武輝子/岩波ブックレット) 肺気腫、膠原病、そして大腸がんを体験され、2012年に80歳で亡くなられた、まさに「病気のデパート」である評論家の吉武輝子さんによる、病気との付き合い方の指南書。がんの再手術に備えて「派手なサイケ柄の越中ふんどし…続きを読む

大腸がん闘病記 外科医が「がん」になり初めて「切られる側」の心境を知る
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇