「薬」の記事一覧

危険ドラッグ患者を診察した際、医師は警察や行政機関に通報すべきか?

行政機関や警察などによる「ヘッドショップ」の取り締まり強化が功を奏して、最近、危険ドラッグに手を染める者は減少したかのように見える。しかし、危険ドラッグの販売は、インターネットによるものがが主流となりはじめている。化学構造式の一部を変換することによって、より強力な危険ドラッ…続きを読む

危険ドラッグ患者を診察した際、医師は警察や行政機関に通報すべきか?

降圧薬で「薬物中毒」が治る!? 薬物につながる記憶を消すことで再発防止に

世界各国で深刻な社会問題となっている薬物中毒。その薬物中毒を降圧薬で治療できる可能性が、国際的な精神医学雑誌で報告された。 1970年代まで「薬物中毒は薬物摂取を身体が渇望する状態なので、薬物を一旦断っても意志が弱ければ再発は起こる」と考えられていた。しかし、現在では多…続きを読む

降圧薬で「薬物中毒」が治る!? 薬物につながる記憶を消すことで再発防止に

危険ドラッグの販売店は本当になくなったか? ネット販売は摘発してもイタチごっこ

漢方薬として日本でも広く知られている葛根湯(かっこんとう)、小青龍湯(しょうせいりゅうとう)、麻黄湯(まおうとう)は、鎮咳去痰薬として広く用いられているが、その主成分はエフェドリンである。 エフェドリンは、気管支を拡張して呼吸困難を改善するため、感冒薬や気管支ぜんそく治…続きを読む

危険ドラッグの販売店は本当になくなったか? ネット販売は摘発してもイタチごっこ
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太