「薬」の記事一覧

依存性は大麻の20倍?突然死を招く危険ドラッグは製薬企業が開けたパンドラの箱?

【ビジネスジャーナル初出】(2014年10月) 名称が変わった「危険ドラッグ」だが、危険といわれても本当にどれだけ危険かは素人にはイマイチわかりにくい。とりわけ過去に「合法ドラッグ」「脱法ハーブ」などと言われてきたこともあり、本当のところどのようなものなのかは誤解も多いはず…続きを読む

依存性は大麻の20倍?突然死を招く危険ドラッグは製薬企業が開けたパンドラの箱?

【闘病記】大腸がん〜外科医が「がん」になり初めて「切られる側」の心境を知る

『病みながら老いる時代を生きる』(吉武輝子/岩波ブックレット) 肺気腫、膠原病、そして大腸がんを体験され、2012年に80歳で亡くなられた、まさに「病気のデパート」である評論家の吉武輝子さんによる、病気との付き合い方の指南書。がんの再手術に備えて「派手なサイケ柄の越中ふんどし…続きを読む

【闘病記】大腸がん〜外科医が「がん」になり初めて「切られる側」の心境を知る
<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛