ASKAが「覚せい剤」で再逮捕! <刑罰>では薬物依存から更生できない理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
asuka20161129-2.jpg

「逮捕」報道の最中もASKAは頻繁にブログ更新

 多くのファンの願いも空しく、歌手のASKA(58)がまたも逮捕された――。

 11月25日夜に「盗撮、盗聴されている」と、自ら110番通報したASKA容疑者。言動に意味不明な点があったことから、警視庁で薬物の尿検査をしたところ陽性反応が。覚せい剤取締法(使用)の疑いで逮捕されたが、本人は「事実に反します」と容疑を否認しているという。

 2014年9月、覚せい剤取締法で懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受けたASKA容疑者。

 このときの判決で東京地裁は、薬物の使用期間が長く、医師の治療を受けていた中での犯行だったため、「違法薬物に対する依存性は顕著かつ深刻で、常習性もかなり高い」として、覚せい剤事件の初犯としては重刑を言い渡した。

 再逮捕となると、今回は実刑判決を免れないかもしれない。もっとも、ASKA本人は逮捕前に、自らのブログを次のように更新した。

 「とにかく驚いています。もし、科研が調べたのであれば、無実は証明されているはずです。尿から、覚せい剤反応が出るわけなんてことは、あるわけがないのですから。これは、マスコミのフライングです。今は、これしかお伝えすることはありません」

統合失調症とも類似している覚せい剤精神病

 ASKAの言い分にどれほどの真実があるのか――。彼には、これまでも自身のブログに妄想的な文章を投稿しては削除してきた経緯もある。

 一般に覚せい剤の乱用で幻覚妄想が表れることはよく知られており、これは「覚せい剤精神病」とも呼ばれている。

 ASKAはこれまでたびたび「盗聴されている」との訴えをブログに綴っていた。この「盗聴されている」というのは、統合失調症患者もよく訴える内容だ。

 覚せい剤精神病と統合失調症の症状は、さまざまな点でよく似ていることは広く知られている。盗聴に対する不安も、覚せい剤乱用の結果であると考えることもできそうだ。

「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは? 
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」前編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。京野アートクリニック高輪の院長である京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真