「薬」の記事一覧

危険ドラッグに麻薬・覚醒剤の成分も混入され、さらに危険度がアップ!

2014年11月4日、36歳男性が横須賀市内の自宅で9時間余り大暴れして、両親を殺害したとのニュースが飛び込んできた。危険ドラッグを吸引して興奮状態となり、凶行に及んだのであった。使用した危険ドラッグには、より重篤な幻覚、幻聴、興奮を惹起する大麻、覚醒剤の成分も検出されたと…続きを読む

危険ドラッグに麻薬・覚醒剤の成分も混入され、さらに危険度がアップ!

処方薬なら市販薬の3分の1の値段で入手できる!過剰処方の「名医」を悪用する患者たち

処方薬が次々とOTC医薬品(市販薬)に切り替わっている。今年6月12日からは改正薬事法が施行され、市販薬のうち99・8%がネット販売解禁となり、風邪や軽度の皮膚炎はネット注文の「ポチ」ひとつで完治が可能となった。 存在感が薄れつつある地域の開業医だが、肥満をはじめとする…続きを読む

処方薬なら市販薬の3分の1の値段で入手できる!過剰処方の「名医」を悪用する患者たち
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔