「薬」の記事一覧

不要な抗菌薬服用や、服用の中断で、抗菌薬が効かなくなる多剤耐性菌の恐怖

Q 「風邪をひいたら、医者に行って抗生物質(抗菌薬)を処方してもらうことにしている」Q「よくなったら、もらった抗生物質(抗菌薬)が残っていても、のむのはやめる」Q「具合が悪くなったとき、以前にもらって残した抗生物質(抗菌薬)を飲んだことがある(たとえば、歯が腫れたので、前…続きを読む

不要な抗菌薬服用や、服用の中断で、抗菌薬が効かなくなる多剤耐性菌の恐怖

実録危険ドラッグ。日本を旅行中のアメリカ人男性が救急車で運ばれてきた

米国籍をもつ20代男性は、日本を旅行中に繁華街で粉末の危険ドラッグ(Brain Fall)を購入した。1日2~3回、1週間連続して吸入し続けたところ、次第に落ち着きがなくなり、呼吸苦、動悸、食欲低下を認めた。更に歩行できなくなったため、自分で救急車を要請した。 搬送時意…続きを読む

実録危険ドラッグ。日本を旅行中のアメリカ人男性が救急車で運ばれてきた

鎮痛薬を処方されると、なぜ胃薬がセットになることが多いのか?

●医師が間違えたのか? 多く薬を出して儲けてやろうという悪巧みか? 腰が痛い、膝が痛い、頭が痛い......。ヒトの日常に痛みはつきもの。時として耐え難い痛みで病院に駆け込む例も少なくないはず。そこで医師から「痛み止めのお薬を出しておきますね」と言われて、実際、処方され…続きを読む

鎮痛薬を処方されると、なぜ胃薬がセットになることが多いのか?
アトピー性皮膚炎に心理療法を! 患者の話を聞くだけで完治したケースも
インタビュー「カウンセリングでアトピーを治す!」第1回:須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)

アトピー性皮膚炎は非常に厄介な病気である――。この不可解なアトピー性皮膚炎の原因として、患者やその家族の心の問題にいち早く着目し、治療に取り入れているのが須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)だ。皮膚の症状と心の問題はどのように関係するのか? 普段の生活でどのような注意をしたらいいのか? 須階医師に話を聞いた。

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘