「薬」の記事一覧

いまさら抗がん剤の値段の高さに驚くメディアと医薬品貿易赤字を解消できない日本

産経新聞に「1剤が国を滅ぼす」高額がん治療薬の衝撃 年齢制限求む医師に「政権がもたない」という記事が出ていた。 最後には「だが、効果の有無が事前に分からない以上、オプジーボに望みを託す患者を選別することは難しい。その薬価は、患者すべての期待に応えるにはあまりに高額だ。」…続きを読む

いまさら抗がん剤の値段の高さに驚くメディアと医薬品貿易赤字を解消できない日本

“国民薬”ロキソニンに重大な副作用〜空腹で飲んではいけない理由はここに!

ロキソニン(ロキソプロフェン)といえば、医師の間でも愛用している人が多い人気の鎮痛・解熱剤だ。病院で処方されるほか、2011年からは「ロキソニンS」として店頭でも販売されている。 インターネット通販大手、アマゾンジャパンは、この4月から鎮痛剤「ロキソニン」や胃腸薬「ガス…続きを読む

“国民薬”ロキソニンに重大な副作用〜空腹で飲んではいけない理由はここに!

薬剤の使用過多による頭痛!ロキソニンやトリプタンなどの頻回使用で頭痛に

2月22日は「頭痛の日」でした。 昨年は「頭痛の芽を摘もう~頭痛の早期治療~」ということで、1年間は、頭痛の早期治療についての啓発が行われました。今年の頭痛の日は、「薬剤の使用過多による頭痛」について取り上げられています。2015年3月13日号にも紹介した「『あなたの頭…続きを読む

薬剤の使用過多による頭痛!ロキソニンやトリプタンなどの頻回使用で頭痛に
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇