「薬」の記事一覧

清原和博の覚せい剤の使用を“密告”したのは……公式ブログに綴っていた「自らの悲鳴」!?

プロ野球キャンプイン2日目の話題が交わされている、正にその真っ最中、いきなりTV画面で流された清原和博容疑者(48)の逮捕報。 容疑は覚せい剤取締法違反(所持)で踏み込まれた自室からは、覚せい剤0.1グラムに加え、注射器3本・パイプ1本・ストロー1本・携帯電話4台が押収…続きを読む

清原和博の覚せい剤の使用を“密告”したのは……公式ブログに綴っていた「自らの悲鳴」!?

スッと治すから「ストナ」、後が楽だから「コーラック」……オヤジギャグな薬のネーミング

年末年始の暴飲暴食期が始まり、胃腸薬の服用が相対的に増える季節だが、20歳以上の男女555人が回答した『胃腸薬に関するアンケート』(ジャストシステム調べ)の集計結果がなかなか面白い。今回は「ネーミング効果の実態」が読み取れる回答事項を紹介しよう。 いずれも胃腸薬の服薬経…続きを読む

スッと治すから「ストナ」、後が楽だから「コーラック」……オヤジギャグな薬のネーミング

降圧薬で「薬物中毒」が治る!? 薬物につながる記憶を消すことで再発防止に

世界各国で深刻な社会問題となっている薬物中毒。その薬物中毒を降圧薬で治療できる可能性が、国際的な精神医学雑誌で報告された。 1970年代まで「薬物中毒は薬物摂取を身体が渇望する状態なので、薬物を一旦断っても意志が弱ければ再発は起こる」と考えられていた。しかし、現在では多…続きを読む

降圧薬で「薬物中毒」が治る!? 薬物につながる記憶を消すことで再発防止に
インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第1回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

インソール(靴の中敷き)については、足のニオイ消しや靴のサイズ調整などでこれまでに使った経験がある人は多いだろう。「靴の中に入れるものはすべてインソールなのですが、目的や役割で分類できるんです」と教えてくれるのは、義肢装具士の大平吉夫さん。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。大平さんにインソールについて詳しく聞いてみた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

滋賀医科大学社会医学講座(法医学)教授、京都府立…

一杉正仁