「薬」の記事一覧

毎日の生活でしっかりインフルエンザを予防するためのポイントはこれ!

2014年12月5日、厚生労働省は、インフルエンザが流行期に入ったと発表した。流行入りの時期は、平年並みだった昨シーズンよりも3週間も早い。 各都道府県によるインフルエンザ定点当たり報告数(速報値)によれば、12月14日までの1週間で定点医療機関においてインフルエンザと…続きを読む

毎日の生活でしっかりインフルエンザを予防するためのポイントはこれ!

薬を常用しすぎると薬の効果が減少してしまうのは本当!?

「最初は薬の効果がはっきりと出ていたのに、毎日飲んでいたらだんだん効かなくなった」「以前は1錠で十分だったが、今は2錠飲まないと効かない」という経験を持つ人は少なくない。 このように、同じ薬を飲み続けることにより、体に抵抗性ができ、薬の効果が低くなることを耐性と呼ぶ。同様…続きを読む

薬を常用しすぎると薬の効果が減少してしまうのは本当!?

医師も意識が薄れ曖昧になってしまっている薬処方の「禁忌」と「原則禁忌」

医薬品に関する「禁忌」という言葉は、医薬品の添付文書に記載されている用語だ。添付文書とは、簡単にいえば医薬品に関する医療従事者向けの取扱説明書のようなもので、そのほぼ冒頭部分に記載されているのが「禁忌」という項目だ。 医薬品の場合、時として死に至る、あるいは発症したらか…続きを読む

医師も意識が薄れ曖昧になってしまっている薬処方の「禁忌」と「原則禁忌」
<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛