「薬」の記事一覧

頭痛薬「アセトアミノフェン」と「非ステロイド系抗炎症薬」が効くワケ

今回は頭痛の機序と急性期の鎮痛薬についてお話ししたいと思います。頭痛も疼痛(痛み)の一種であると考えられます。疼痛はアメリカ疼痛学会で次のように定義されています――。痛みは「生体の警告系」として重要な役割であるが鎮痛処置が必要である。 そこで頭痛のための鎮痛薬のなかで、…続きを読む

頭痛薬「アセトアミノフェン」と「非ステロイド系抗炎症薬」が効くワケ

錠剤で“ダニ”アレルギーを治す~「舌下免疫療法」で自宅治療が可能に

花粉症の時季が過ぎても鼻がグスグス。通年、鼻炎に悩まされている人がいる。 もしかすると、その不調の原因は、室内に巣くっているダニが関係しているかもしれない。 アレルギー性鼻炎の主な症状は、くしゃみと鼻水、鼻づまり。花粉症とは異なり、年中こうした症状がある。 そん…続きを読む

錠剤で“ダニ”アレルギーを治す~「舌下免疫療法」で自宅治療が可能に

更年期障害に効果が期待できる薬剤や漢方薬とは?

更年期は多彩な疾患に見舞われる。症状が似ているために女性ホルモンの減少が原因だと間違われやすい疾患も少なくない。このため、この時期にふりかかる心身の不調の原因を1つ1つ精査し、更年期障害と症状が似ている他の疾患の可能性を除外し、生活環境や生活習慣の改善をはかっても症状が改善…続きを読む

更年期障害に効果が期待できる薬剤や漢方薬とは?
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆