インタビュー「薬物依存は慢性疾患である」第3回:松本俊彦(国立精神・神経医療研究センター・薬物依存研究部部長)

薬物依存で<人里離れた施設に隔離>は古い?~街中でも治療可能な「SMARPP=スマープ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
91845458.jpg

薬物依存の治療は街中でも可能(shutterstock.com)

 11月18日、歌手で女優の酒井法子の元夫・高相祐一容疑者が危険ドラッグの所持で逮捕された。2009年に覚せい剤取締法違反で懲役2年執行猶予4年の判決、2012年に危険ドラッグの所持で逮捕(嫌疑不十分で不起訴処分)と再犯の常習者だ。

 ASKAや清原和博、高知東生、高樹沙耶……。相次ぐ有名人の薬物問題の報道の度、薬物依存の社会復帰というテーマがクローズアップされる。

 「薬物疾患は慢性疾患」であると提唱する国立精神・神経医療研究センター・薬物依存研究部部長の松本俊彦医師に訊く第3回。薬物問題の第一人者である松本医師が、薬物依存の治療を解説する。

生活の優先順位が<クスリを使えること>に

――松本先生は、覚せい剤の一番の危険性はどのようなことだと思われますか。

 覚せい剤は最初、「気力が出る」「眠らなくても平気」という理由で使い始める人が多い。ところがすぐに、覚せい剤を使ってようやく<普通の状態>を維持し、クスリが切れると<疲れきった状態>に陥ります。

 最初は「24時間を30時間ぶん頑張れるように」と始めたのに、気づくと、1週間のうち薬を使って頑張れるのは2日で、残り5日は気力を回復させるためにぐったりしている――。

 そして、覚せい剤依存症になると、生活のなかでの優先順位の第一位が覚せい剤になってしまいます。それまで人生において大切だったもの。たとえば家族、将来の夢、財産、健康……。それよりも、<いまクスリを使えること>のほうが大事になってしまう。

 その結果、生き方が変わってしまい、それまでとは別人のような価値判断をするようになります。つまり、もともとの「自分らしさ」がなくってしまうこと、これが覚せい剤の怖ろしさだと思います。

マイケル・ジャクソンも悩まされた皮膚病「白斑(尋常性白斑)」を治せる時代が到来
インタビュー「皮膚の色が抜け落ちる『白斑』の最新治療」前編:榎並寿男医師(新宿皮フ科院長)

皮膚の色が抜け落ち、白くなってしまう病気、白斑(尋常性白斑)。マイケル・ジャクソンもこの病気だったことが公表されている。従来は難治とされてきたが、近年、治療が進化し、成果を上げている。最先端の治療に取り組み、「8割以上の白斑は改善可能と考えている」という新宿皮フ科院長の榎並寿男医師に聞いた。

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫