「薬」の記事一覧

睡眠薬レンドルミンとベルソムラを飲んで運転! インパルス・堤下敦が残した教訓

お笑いコンビ「インパルス」の堤下敦氏(39)が、意識が朦朧とした状態で自動車を運転しようとして警察に発見された――この一件は「睡眠薬」の使い方に改めて警鐘を鳴らすニュースとなった。 6月14日の深夜2時過ぎ、東京狛江市の路上で車の運転席にいた堤下氏は、銭湯に行って自宅に…続きを読む

睡眠薬レンドルミンとベルソムラを飲んで運転! インパルス・堤下敦が残した教訓

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう

小児科専門医の鳥海佳代子医師(とりうみ小児科院長)は、夫も小児科専門医で、双子の母親でもある。子どもが病気のときは夫が診察し、薬を処方していた。 医師が自分の家族や従業員を診察して治療を行うことを「自家診療」という。医師国民健康保険組合に加入している場合、自家診療の保険…続きを読む

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう

「キメセク」は本当に気持ちいい? 射精が困難になる薬物も!

押尾学、酒井法子(2009年)、ASKA(2014年)、高知東生(2016年)……。近年、薬物の使用・所持で逮捕された芸能人たちだが、これらのケースには共通点がある。それは、カップルで使用していることだ。 押尾学は、六本木ヒルズの一室でクラブホステスとMDMAを使用して…続きを読む

「キメセク」は本当に気持ちいい? 射精が困難になる薬物も!
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆