「薬」の記事一覧

「セルフメディケーション税制」がスタート!OTC医薬品1万2000円以上の購入を所得控除

セルフメディケーション税制が、2017年1月1日からスタートする。いったいセルフメディケーション税制って何だろう? バカにつける薬はない。そんな重宝な薬があってもなくても、風邪を引いたらパブロンや龍角散、熱が出たらバファリンやロキソニンに自然と手が伸びる。それが常人の賢…続きを読む

「セルフメディケーション税制」がスタート!OTC医薬品1万2000円以上の購入を所得控除

清原和博、高知東生、高樹沙耶、ASKA……相次いだ有名人の薬物事件! 彼らはなぜドラッグに?

2016年もいろいろなニュースが生まれたが、特に世間を騒がせた一連のトピックといえば、相次いだ有名人の薬物報道ではないだろうか。 今年の薬物事件(報道)をざっと振り返ってみよう――。清原和博、高知東生、高樹沙耶、ASKA……相次いだ有名人の逮捕 まずは2月3日。…続きを読む

清原和博、高知東生、高樹沙耶、ASKA……相次いだ有名人の薬物事件! 彼らはなぜドラッグに?

風邪に「抗菌薬」は効かない! しかし約45%の医師が処方せざるをえない現状はなぜか?

天地開闢(かいびゃく)の神代から「恋の病に薬なし」「馬鹿に付ける薬なし」だったのだろう。恋煩いは手の施しようがないし、馬鹿はお手上げだからだ。 ところが、世間は「病み女に風邪引き男」とシャレて粋狂を愉しんだりする。患い女の目は、うるんで色っぽい。風邪引き男の喉に巻いた白…続きを読む

風邪に「抗菌薬」は効かない! しかし約45%の医師が処方せざるをえない現状はなぜか?
外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第2回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志