清原和博「覚せい剤は怪物、悪魔、戦いは一生続く」〜再起の最大の敵は「社会的孤立」?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
96799804.jpg

薬物依存の自己嫌悪の闇は深い(shutterstock.com)

 「一日一日が『今日は使わなかった』『じゃあ明日も頑張ろう』の積み重ね。覚せい剤はまさに怪物、悪魔で戦いは一生続くと思う」

 覚せい剤取締法違反で逮捕され、執行猶予付きの有罪判決を受けた元プロ野球選手の清原和博氏が、12月29日放送の『ニュースキャスター」(TBS系)で、その恐怖を独白した。

 番組内のインタビューは、謝罪をして自らを<犯罪者>だと認識して出演しているという言葉から始まった。

 覚せい剤の使用は現役引退後で、選手時代に使っていたのは「グリーニー」という当時は禁止されていなかった薬物。外国人選手から勧められ、集中力を高めるために使用するようになった。

 引退後、球界を離れて踏み出した<新しい世界>でのプレッシャーから、覚せい剤に手を出してしまったのだという。

 覚せい剤使用中は一種の「現実逃避」。嫌なことが続いたりすると手を出し、そのたびに残った覚せい剤を捨てて自己嫌悪に陥る。再び購入・使用しては自己嫌悪の繰り返しだ。
 
 覚せい剤による幻覚や幻聴、ときには過剰摂取の末、医療機関に救急搬送されたこともあったという。

 また、逮捕後の44日間に及ぶ過酷な留置場生活も告白。「114番」と呼ばれ、汚物が浮ぶ風呂に入り、「風呂の栓を抜け」と指示される――。

 「この腕で野球をして、薬物を使い、汚い風呂の栓を抜いている」と涙したことを振り返った。

 現在は週1回、尿検査と心理カウンセリングなどの治療を受けている清原氏。印象的だったのは、「自分では薬物をコントロールできていたつもりだった」という依存性の怖さだ。

 「自分は逮捕されたときも<薬物依存ではない>と思っていた。しかし、専門家から薬物依存だと宣告されたときにショックを受けた」

 「薬物依存になると、行動の優先順位が入れ替わってしまう。薬物を使いたいがために<小さな嘘>をつき始める。いまは、使用できる環境に身を置かないようにしている」

 そして、「自分自身だけの力でやめることは不可能だと思います」と断言した。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆