「薬」の記事一覧

強力なオルガスムを求めて高知東生、押尾学、ASKAが陥った<ドラッグセックス> で勃起不全に!?

2004年、性科学の新たな知見が世界の注目を浴びた。米国の性科学研究者のJohnson、Phelps、Cottlerらは、共同研究論文『コミュニティの疫学的サンプルにおける性機能不全と薬物使用との関連性』を発表したからだ。 この共同研究によれば、Johnsonらは198…続きを読む

強力なオルガスムを求めて高知東生、押尾学、ASKAが陥った<ドラッグセックス> で勃起不全に!?

洗い流さない「手の除菌剤」は安全か? 尿から想定以上の「殺菌成分の濃度」が!?

最近では病院に限らずスーパーなどでも、入口付近に「手の除菌剤」を常備している施設は少なくない。では、あのての除菌剤の「安全性」について、多少なりとも意識したことはあるだろうか? 実は先ごろ、米国食品医薬局(FDA)が、除菌剤や関連商品の製造元に対して、従来以上の「安全性…続きを読む

洗い流さない「手の除菌剤」は安全か? 尿から想定以上の「殺菌成分の濃度」が!?

いまさら抗がん剤の値段の高さに驚くメディアと医薬品貿易赤字を解消できない日本

産経新聞に「1剤が国を滅ぼす」高額がん治療薬の衝撃 年齢制限求む医師に「政権がもたない」という記事が出ていた。 最後には「だが、効果の有無が事前に分からない以上、オプジーボに望みを託す患者を選別することは難しい。その薬価は、患者すべての期待に応えるにはあまりに高額だ。」…続きを読む

いまさら抗がん剤の値段の高さに驚くメディアと医薬品貿易赤字を解消できない日本
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆