「薬」の記事一覧

「アレグラ」は花粉症や鼻炎に本当に効く? 副作用は少ない?

花粉症が軽く、ラクになる! アレルギー症状を抑え、副作用が少ない! つらいアレルギー症状を和らげる人気NO.1の大衆薬といえば「アレグラ」だ。なぜ奇跡の妙薬とまで絶賛され、愛用されるのだろう? アレグラは組織細胞機能用医薬品に分類されるアレルギー用薬剤。主成分はフェキ…続きを読む

「アレグラ」は花粉症や鼻炎に本当に効く?  副作用は少ない?

日本は大麻に対する理解が遅れている! 「大麻=薬物乱用=悪」という思考停止の呪縛からの解放を

大麻は、公衆衛生上の害が心配される植物です。そのせいで、大麻と聞いただけで、大麻=薬物乱用=悪と思考を停止してしまうのが現在の多くの日本人の現実かもしれません。 しかし、以前、MRICで大麻の医療利用の不合理を指摘したところ、たくさんの反響をいただくことができました。そ…続きを読む

日本は大麻に対する理解が遅れている! 「大麻=薬物乱用=悪」という思考停止の呪縛からの解放を

取締の強化を急げ! インターネットを介して海外の「危険ドラッグ」が簡単に輸入されている

2016年4月、北海道で44歳の男性パート従業員が、インターネットを利用して英国より2度にわたってメチオプロパミン6.2g(1万1300円相当)を国際郵便で羽田空港に輸入し、逮捕されたとの記事が地方紙に掲載された。 メチオプロパミンとは、覚醒剤メタンフェタミンの化学構造…続きを読む

取締の強化を急げ! インターネットを介して海外の「危険ドラッグ」が簡単に輸入されている
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太