シリーズ「AIと医療イノベーション」第25回

AI小説がベストセラーになる日は来る?AIが書いた小説が星新一賞の審査を通過

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
註「AI小説」がベストセラーになる日は来るのか?「星新一賞」の一次審査を通過するも課題は山積の画像1

遂にAIが小説を書いたが……(depositphotos.com)

 AIは小説も書く。AI小説はベストセラーになりえるのだろうか?

古今東西のベストセラーは?

 さて、古今東西、最も発行部数の多い書物は何か? 『聖書』の6億3300万部(出典:国際聖書協会)だ。ミゲル・デ・セルバンテスの『ドン・キホーテ』が5億部、J・K・ローリングの『ハリー・ポッター』が4億5000万部、チャールズ・ディケンズの『二都物語』が2億部が追走する(出典:The all-time most popular books in the world revealedなど)。

 日本の出版物ランキングも見よう――。1位が村上春樹『ノルウェイの森』で1000万部、2位が黒柳徹子『窓ぎわのトットちゃん 』で580万9000部、3位が松下幸之助『道をひらく』で520万部、4位がJ・K・ローリング『ハリー・ポッターと賢者の石』で510万部と続く(出典:『世界ー受けたい授業SP』ベストセラーランキング50など)。

 世界でも日本でも、名作ベストセラーは青春のワンシーンを熱く思い出させる。人生を滋味で癒してくれる。AIが書いた小説がベストセラーになる日は来るのか?

AIが書いたSF小説が星新一賞の一次選考を通過

 旧聞に属するが、2016年春にAIが作った小説2点(約3000字)が応募総数1449編の中から第3回・星新一賞(日本経済新聞社主催)の一次審査をパスし、選考に残った。(ただし、最終選考までは残らず)。

 応募したのは小説創作ソフト「きまぐれ人工知能プロジェクト『作家ですのよ』」の仕掛人である公立はこだて未来大学副理事長の松原仁教授。事始めは2012年、星新一作品を管理する「星ライブラリ」代表の星マリナ氏が松原教授に「星新一の作品を使ったAI小説」の実現性を打診したことからプロジェクトがスタートした。

 数年来、松原教授は学生や研究スタッフと試行錯誤を繰り返して来た――。

 まずAIに星新一の小説1000作品以上を読み込ませ、ストーリーやプロットは松原教授がプログラミング言語を書いて指示した。その後、AIが機械学習(ML)と深層学習(ディープラーニング)を重ねつつ、星の小説にありそうな文章や頻出パターンから数十万もの大量の作品群をアウトプット。その作品群の中から「読んでもっともらしい作品」を選んで応募したところ、2作品が一次審査を通過したのだ。

 AIのお家芸は、量産とスピードと模倣だ。松原教授によれば、一次審査をパスした作品は文学的に高い完成度は望めないものの、「少なくとも日本語として読める」評価を得たので、研究の大きな成果につながった。だが、課題は山積している。

 ちなみに2018年2月に発表された第5回 ・星新一賞では「車載AI」が主人公の作品が一般部門グランプリを獲得している。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆