自覚のない眠気で自動車事故! 気づかない睡眠時無呼吸や寝不足がもたらす事故リスク

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自覚のない眠気で自動車事故! リスクが高い睡眠時無呼吸」や「寝不足」の人はのの画像1

寝不足の人は眠気を自覚していなくても自動車事故のリスクが!(depositphotos.com)

 4年前の1月、春から新社会人となる学生310名を対象に実施された『睡眠に関するアンケート』(ワコール調べ)のおいて、彼らが「変えたいと思っている生活習慣」の第1位は「睡眠」だった。

 平均的な睡眠時間も「6時間~6時間半」の男女回答が19.7%と最も多く、ホンネ(理想)は「あと(+)1時間眠りたい」と寝不足気味を自覚する層が首位を占めていた。

 次に『BMC Medicine』(3月20日オンライン版)に載った、米ブリガム・アンド・ウイメンズ病院のDaniel Gottlieb氏らによる睡眠不足に関する研究報告に話題を移そう。

 その最新知見によれば、一時的に呼吸が停止する「睡眠時無呼吸」がある人や、日常的に睡眠不足気味の人の場合、たとえ「眠気」を感じていなくても、自動車事故を起こすリスクが高い傾向が判明した。

 Gottlieb氏らは今回、地域住民における睡眠時無呼吸や睡眠時間/眠気が自動車事故にどのような影響を及ぼすか、その度合いを評価するために分析研究を実施した。

 被験対象層は、米国立心肺血液研究所(NHLBI)が行なった観察研究(Sleep Heart Health Study)の参加者中、追跡開始から2年後の質問票に回答した人々――具体的には、自身の睡眠や自動車運転に関するデータが得られた40歳~89歳の男女3201人(平均年齢62歳)だった。

 彼らのうち、過去1年間で「1回以上の自動車事故」を経験した人が222人(6.9%)。解析を進めると、重症の睡眠時無呼吸がある人は、ない人の場合と比べて、自動車事故が123%以上アップすることが読み取れた。

 また、軽症から中等症の睡眠時無呼吸も、ない人の場合と比べて、同リスクが13%アップすることが示された。

 睡眠時無呼吸が原因ならば自分とは無縁――そう他人事で済まされないのが、冒頭の睡眠時間が「平均6時間」と短く、不足気味を自覚する人々の場合だ。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆